日記・コラム・つぶやき

2015年6月26日 (金)

先は見えた

蜂窩織炎による足の痛みから既に5週間、ようやく完治が見えてきた。

ネット情報によると抗生剤を飲んで2週間程度のはずが随分と長引いてしまったが、先週あたりから靴を履いたり外出したりを試してみたところ、なんとかなりそうということで普通の生活に戻りつつある。それでもまだ腫れは引ききっていないので靴の紐をしっかり締めると痛むし通勤電車の立ちんぼもキツイ。それでも、いつ直るのかよくわからない状況を脱したと実感できているので気は楽。

2015年6月11日 (木)

蜂窩織炎

先月の後半に蜂窩織炎(ほうかしきえん)にかかってしまい、ここ3週間は医者に行く以外はほとんど外出できないという状態になってしまいました。あまり聞かない病名ですが、蜂窩織炎というのは皮膚の深層部に細菌が侵入し炎症を起こすというもので、重症化すると色々と厄介なもののようです。抗生剤の点滴あるいは服用によって細菌を退治するというのが一般的な治療のようですが、治るまでに二週間くらいかかるものらしく、仕事を抱えている身としては有難くない病気です。

ことの始まりはこんな感じ。ある日、寝ながら左足が痛いなぁという感じだったのですが、朝起きてみたら左足の外側くるぶしが腫れ上がっていて、しかも地面に足をつくと痛い。これは!、ってことで午前中に整形外科に行ったところ「痛風の疑いがある、血液検査をしましょう」ということで血液検査をしてもらったのですが、そもそもこれまで尿酸値が高いと言われたことはないので正直「痛風?」という感じでした。整形外科から帰ってきて、少しネットで調べたところ細菌による炎症でも結構すごいことになる可能性があるという情報を得て、今度は皮膚科に行くことにしました。左足首にはこの他に痒みを伴う皮膚炎みたいなものがあったので、いずれは皮膚科に診てもらわなければならないと思っていたこともあり、そっちも一緒に診てもらうつもりでした(今にして思えば、その皮膚炎の痒みから掻きむしったところから最近が侵入したのかもしれません)。

午前中は、足の痛みはまだ耐えられるレベルで、自転車で整形外科まで行って帰ってくることができましたが、午後に入ると一歩歩くだけで泣きが入るレベルの痛みが走るようになりました。なんとか木曜日でもやっている皮膚科を見つけ、嫁さんに車でその皮膚科まで連れて行ってもらい、診断をしてもらうことができました。皮膚科の見立てでは細菌の侵入による炎症(その時は蜂窩織炎とは言っていませんでしたが、後日蜂窩織炎だと踏んでるという話をしていました)で、整形外科で処方してもらった鎮痛剤と併用して飲めそうな(そのかわり効きの弱い)抗生物質を処方してもらいました。

それから2日くらい経つと鎮痛剤のおかげか痛みは大分収まったものの腫れはくるぶしから左足全体へと広がり、しかも痛みがそれほどでもないもんだから子供の運動会を見に行くなどしてしまったのが今から考えるとよくなかったのかもしれません。

整形外科でしてもらった血液検査の結果が出たのが発症から4日後で、案の定尿酸値は高くないので痛風の線はなさそうということになり、治療は皮膚科の見立ての線で行くことになりました。整形外科で処方してもらった鎮痛剤の服用をやめ、十分に効く抗生剤を処方してもらいました。

鎮痛剤の効果が切れたのか、次の日から痛みは少しでるようになりましたが足の腫れは目に見えて引き、その週の後半にはくるぶし以外の腫れはほぼなくなったように見えました。これですぐに良くなるだろうと思いましたが、この状態からが長く続きます。

その後一週間は、少しずつくるぶしの腫れが小さくなっているように感じ、痛みが和らいで痒みが出てくるなどもうすぐ治るかと思わせながらも、依然として腫れは大きいし何かが触れると痛いので靴下を履くことができない状態が続きます。

次の週に皮膚科を訪れた時に、どうも最近の一週間はあまり変化がないように感じるという話をしたところ、皮膚科の先生も同意して別の抗生物質を処方してもらったのが昨日。

昨日に比べると腫れは少し引いたように感じたので、リハビリを兼ねて整形外科に左肩のリハビリ(左肩が四十肩のような症状で痛いので)に出かけてみたが、少し外出のために歩くなら問題ないくらいにまでは治っていることを実感しました。発症から明日で3週間、来週までには治るといいなぁ、と思いますがさてどうなることやら。

2014年12月26日 (金)

喉風邪

先月の後半からずっと喉風邪に悩まされている。一時期のような、咳き込んで眠れなくなったり声が出なくなるようなことはなくなったが(それでもずっと話をしていると声が出にくくなる)、外出するときはのど飴が欠かせないし、家にいる時ものど飴の世話になることが多い。

最近は、仕事しながら体調の僅かな変化を感じ取っては布団に入るという半休状態を続けている。というのは、一日中なにもしないで布団に入っても体調改善になっていないように感じることと、何もしない(できない)ことによるストレスが重なることもあって、それなら無理しない範囲で仕事なりを趣味なりをやっていたほうがいいという判断からである。
体調の僅かな変化が感じられる原因は温度が主だということが今更ながらわかってきたので、布団を出る時は部屋の温度設定は高く、服も多めに着ることにして、それでもずっと仕事をしていると体が冷えたと感じられるので、そうなったら布団に戻るというまるで変温動物みたいな生活サイクルになってしまっている。

2014年8月16日 (土)

ガンダムカフェと宇宙博に行ってきた

久しぶりの先輩一家と家族連れで宇宙博に行くことになったが、その前に幕張のイオンモール内にあるガンダムカフェでおしゃべりということになった。

ガンダムカフェに興味なし、というとウソになるが人気スポットの行列に並んでまで行きたくはないわなぁ、と今まで一度も行ったことがなかったので今回はいい機会、しかも幕張にあったなんて全然知らなかった。

Coffee03

店内には行列が、と思っていたが開店直後だったせいか、はたまたお盆の時期だったせいかは分からないがすんなり入れた。ある程度の混雑と待ち時間を覚悟していたので少し意外ではあったが、家族連れだったこともあり助かった。店内にはザクの頭部のジオラマ(と言っていいのか?)があったが、ジオラマというよりザクの頭を花器にした生け花みたいにも見えたのは私の脳内がガールズ&パンツァーの影響を強く受けたせいなのかもしれない。

Coffee02

ショッピングモール内で店内の改装に制限があるのかもしれないが、店の雰囲気は思ったほどガンダム世界にどっぷりというわけではなく、普通の人が普通に訪れても良さそう。メニューはガンダム感が出るよう工夫されていた。

Coffee05

入り口にはグッズのショップも有りちょっとしたお土産を選ぶのも楽しい。今回は買わなかったが、個人的にヒットだったのはマ・クベの壺を模した楊枝入れ。今にして思えば、買っておけば良かった。

Coffee04

店内には大画面で最新情報を流したりもしており、ファンには嬉しいのかもしれないが、ガンダムの世界に浸りながらずっとこの場でダラダラ話をする、というようなスペースではないようにも感じられた。人気スポットらしく客の回転を良くするという考え方なのかもしれないが、この日の夕方訪れた(ガンダムカフェの隣にある)鉄道カフェと比較すると、ずっとそこにいて楽しいという感じはしないのだ。鉄道カフェは(別に私や私の家族は鉄道好きというわけではないが)Nゲージのレイアウトを眺めながらダラダラおしゃべりするのが楽しい空間になっていると思うし、特に鉄道に興味のない我が家の子供たちも楽しそうにレイアウトを見ていた。
で、この日のメインイベントである宇宙博だが、凄く興味深い展示が沢山あって楽しいのだが、お盆にもかかわらずかなりの人出だった。ただ、宇宙博っぽい写真があまりなくて、それっぽいのははやぶさの写真のみ。

Uchuu02

他の写真はこんなのばっかし

Uchuu01

ちなみにこれはソ連のルノホート計画で使われた月面車。
宇宙博は入場券を買うための列と入場列が分かれているので、ネットで入場券を入手(宇宙博のサイトでプリントアウトするタイプの入場券が購入できる)するなど、事前にチケットを入手しておくと時間が節約できる。

2014年2月14日 (金)

バレンタイン

今日はバレンタインデー。あまり自分の人生の中で何かあったことの少ない日ですが、結婚してからは嫁さんがチョコをくれるありがたい日です。

去年はデラックスなチョコを貰ったのですが、あまりにも食べるのがもったいなくてなかなか食べられなかったという思いもあり、今年の希望を聞かれた時に「うーん、ハートチョコレート10個」と言ったところやってくれました。本当にハートチョコレート買ってきました。

Choko1

                                     ハートチョコ

Choko2

                                 一箱10個入り

Choko3

                         このとおりハートチョコ10個

Choko4

                                    3箱???

Choko5

                             30個も買ってきました

そういえばこんなネタ昔どこかで読んだことあるなぁ。

なんにせよ、ありがとうございます。って、読んでるかな?

2014年2月10日 (月)

20年ぶりの大雪?

先週末は20年ぶりの大雪という予報だったが、予報通り関東でも積雪20cmを超える大雪だった。どうも私の家のあたりは周辺の地域よりも積雪量が多いようで、それに加えてアパートの入り口がちょうど吹き溜まりになるようで、放っておいたら玄関のドアが開かなくなるほどだった。ちょくちょくマメに玄関前の雪をどけてはいたのだが。

関東南部は雪かきは一種のお祭りだが、これが日常となってる豪雪地方は大変だと改めて感じた。
あと、夏タイヤで雪道は自殺行為だけど、普段から雪の備えのない関東地方ではスタッドレスタイヤを履いていてももらい事故の可能性があるから不要不急の外出は避けるのが吉だね。といいつつ、本当は雪道ドライブ行きたかったんだけど。

2014年1月21日 (火)

おまけを改造(2)

子供がマックのハッピーセットのおまけを改造していたが、今度は色を塗った。

Kanji_011

リアウィングを黒く塗ってGTのウィングのようだ。

Kanji_012

しかも、いつの間にかランナーでマフラーを作ってる。それも2本出しだ。

2014年1月20日 (月)

おまけを改造

子供がマクドナルドのハッピーセットのおまけを改造しはじめた。なぜそうしたくなったのかは分からないが、モデラー的にはこういう遊び心はアリだと思う。

もともとはトム&ジェリーから、ジェリーが乗るチーズの形をしたプッシュゼンマイ式の車。ジェリーを押すとゼンマイが巻かれ車が走るという仕掛け。
これにプラバン製のリアウィングやフロントスポイラー(カナード形状)を取り付けたようだ。

Kanji5

ところで、小学生にとって1mm厚のプラバンを切るのは結構な労力だったはずなのだがよく頑張った。

Kanji2

翼端板も再現。

Kanji4

フロントのカナードもちゃんとダウンスラストがついてる。

うん、よくできました。

2014年1月11日 (土)

中古のプラモデル

仕事帰りに中古グッズショップで捨て値で売られていた車のプラモデルを子供のために購入。子供たちは喜んで作り始めたので、それはそれでいいのだが。

最近、といってもここ15年くらいの傾向なのだが、プラモデルの値上がりがひどい。新規開発品であれば人件費や開発費に対する売上の期待値を考えればやむを得ない部分もあろうが、開発がすでに終了した旧キットものきなみ値上げをしているのはなんとかならないだろうか?
というのも、子供たちがガンプラから他のプラモデルに手を出そうとすると、どうしても値段がネックになる。1/24の車のプラモデルがどれも2000円以上するのでは子供の小遣いでは手が出ない。結果、子供たちはガンプラで買えそうなものの中から好きなものを買う、ということになる。ま、小遣いの使い方としてはそれで悪くないのだが。
バンダイがガンプラの旧キットの価格を据え置いているのは戦略的なものとしても、ガンダム以外の再販に関しても値上げは最小限にとどめており、これが他のメーカーでもできないものか、と思ってしまう。
で、たまに出てくる中古の格安プラモをついつい漁ってしまう言い訳でした。

2013年12月13日 (金)

ガレージジャッキ注文した

今までアストロプロダクツ製のアルミガレージジャッキを使っていたが、4年位前からジャッキアップ時にオイルが漏れるようになり、作動油を継ぎ足しながらだましだまし使うという状況が続いていた。買ってから5年位経っているので寿命だと思うが、同じ油圧ジャッキでもカヤバのシザーズジャッキが遥かに使用頻度が高いにもかかわらず購入から15年近く経った今でも故障知らずで稼働していることを考えると納得行かない気持ちもある。

そんなに頻繁に使うものでもないので急いで次のものを買おうという気はなかったのだが、作業中に無意味に床が汚れるのは嫌だし、何よりも万が一のことを考えると油漏れのないものを買い直したほうがいいと思えてきた。

私の家はガレージとジャッキを置いてある物置が離れており、階段を使って行き来をする関係上ジャッキ自体が重すぎるのは使えない。アルミ製のガレージジャッキはたかだか15kgであり、持ち運んで使わざるを得ない事情を持つ私にとっては外せない条件である。

しかしながら、買い直すとしてもアストロプロダクツ製は外したいというのが正直なところで、最初に買ったジャッキが初期不良で2ヶ月(2回程度使用)くらいでオイル漏れを起こし、店に持って行って新品と交換してもらったという経緯から正直品質に疑問を持ってしまったのだ。今アストロプロダクツから販売されているものは私が使っているものよりも新しいバージョンのもののようだが、一度ついた悪印象はやはり払拭できない。
ところが、最近国内メーカーのマサダからアルミジャッキが発売されていることを知って心が動いた。散々迷った挙句購入してしまった。自分に対するクリスマスプレゼントというわけである。マサダのブランドを持つアルミガレージジャッキ、どうなることやら。