パソコン・インターネット

2014年12月15日 (月)

やよいの青色申告08のインストール

Windows XPのサポート中止を受けて、今までメインに使用してきたパソコン上の会計ソフトを別の(ネットに繋がない)パソコンに移行しようということになった(今更だけど)。

で、今まで使っていたやよいの青色申告08を別のパソコンにインストールしようとしたところ、インストールが出来ない。インストレーション番号などの入力を済ませていざインストールという段になって「Security setting failed」なるエラーメッセージが3回出て、そのままファイルのコピーに移り、全体の22%くらいという表示になったところで「ファイル名、ディレクトリ名、またはボリュームラベルの構文が間違っています。」というメッセージとともにインストールが中断してしまう。

エラーメッセージを調べてみると、アカウントの権限が足りないかアンチウィルスソフトが邪魔してるということらしいのだが、アカウントは管理者権限なので問題がないはず。共有ファイルへのアクセスも問題なく会計ソフトのためのフォルダは一応できているので権限の問題では無いように思えた。

一方、アンチウィルスソフトという線は十分に考えられたので、使用ソフト(avast)の動作を停止してインストールを試してみたが効果なし。まさかと思い、avastをアンインストールしてからやよいの青色申告08のインストールを試してみたところすんなりインストール完了。

なぁんだ、一度アンインストールしないとダメだったのか。ということで一件落着。

ネットに繋がないと割り切れば、アンチウィルスソフトなしでもいいのだが、たま~に間違えてつないでしまう可能性も考えて、一応avastは再インストールしといた。

2014年11月18日 (火)

またグラボ交換

先日DELLのセカンド機(ある意味メイン機)のグラフィックボードがお亡くなりになったようなので、またまた新調。3ヶ月も持たなかったとは役立たずめ。

ま、それはともかく、次は同じ玄人志向にするかどうかはおいといてnVIDIAの同じスペックのものにするのがドライバの更新などの点で楽だと思うのだが、実は壊れたグラフィックボードには一つだけ不満があった。メインディスプレイの最大解像度が2560x1440でセカンドディスプレイの最大解像度が1680x1050なのに、マルチディスプレイとして設定すると両方を最大解像度で運用できなかった。仕方ないので、マルチディスプレイをあきらめて運用していたが、そこが不満といえば不満だった。
で、どうすればいいのかよくわからなかったのだがAMDのGPUを載せたグラフィックボードだとそれができそうだということで、またまたローエンドな機種を(そんなにすごい性能はいらないし、消費電力も少なくて済む)選んでしまった。
手順は、もとのグラフィックボードが反応しないので、退役したグラボを取り出して装着。その後、グラフィックボードのドライバをアンインストールした後で、新たなグラフィックボードを装着、ドライバをインストールして完了。前回のようにドライバのインストールで手こずることもなく(少し困ったことがあったけど)作業終了。プライマリとセカンダリのディスプレイの双方で最大解像度設定できた。CADを動かしてみたけど動きも問題なし。大満足である。
あとは、すぐに壊れなければいいなぁ。

2014年11月14日 (金)

グラボ故障(?)

仕事で使ってる旧型のパソコン。Windows8.1では動かないアプリなどを動かしているのだが、今日電源を入れてみたところディスプレイに表示されない。

グラフィックカードはこないだ9月に交換したばかりだが、故障の可能性もありということで交換前の古いグラフィックカードに交換したところディスプレイに表示された。結局グラフィックカードの故障みたいだ、9月に買ったばかりなのになんだよ~。

2014年9月 8日 (月)

DELL Precision390のグラフィックボード交換

意外と苦労したので備忘録的に

今となっては古いパソコンながら、今でも我が家では現役のDELL製precision390。これでしかできない作業もあるので、今だに手放せない相棒である。
XPのサポート終了ということでメイン業務を別のパソコンですることになり、パソコン新調に合わせて今までよりも大きいディスプレイを買い足したのだが、ここで問題が。
私のprecision390に付いているグラフィックボードがDual-Linkに対応しておらず(購入時にグラボ代ケチったため)DVIだとディスプレイの解像度が1920x1080(だったか?)までしか表示できず、VGAアナログを使っても2048x1536までしか表示できないので、くっきり細かい新パソコンの画面に見慣れてしまうといかにも見難く不満だった。
で、グラフィックボードを換えちゃえということなのだが、Amazonで調べてみると適当なスペックのものがえらく安い。ローエンドのものでも必要十分なスペックなので、あとはバスがPCI-Ex16のものということで、結局選んだのが玄人志向のGF-GT520-LE1GH

ただ、こういうのって自分のパソコンに使えるのか使えないのか買ってみないとわからないのが辛い。とはいえ、やってみないとわからないのでとりあえず購入。

手順はおおまかにこんな感じ

  1. 元々のグラフィックボードを抜く前にドライバをアンインストール
  2. 電源落としてグラフィックボードを交換
  3. 電源入れて新しいグラフィックボード用のドライバを入れる
実際やってみると3で問題発生。インストーラが途中で止まって「ドライバのインストールに失敗しました」というメッセージを残して終了してしまった。NVIDIAのサイトに行って最新型のドライバーを試してみたけどダメ、Amazonのサイトに「古いドライバにしたら上手く行った」という書き込みがあったのでNVIDIAのサイトの旧ドライバを探して一番古いバージョンを試してみてもダメ。
ドライバがインストールできなくても画面解像度を2560x1440にすることはできたが、スピードが不十分でブラウザのウィンドウを移動するだけでカクカクする。これでは快適な作業は望めない。
色々試してみて効果があったのはDisplay Driver Uninstallerを使って元のドライバを完全に削除するというもの。
参考にしたのはこのサイト

Display Driver Uninstallerをダウンロードして適当なフォルダに展開。

予めドライバをダウンロードしておく。

あとはパソコンをセーフモードで立ち上げなおして実行。そこでもう一度セーフモードで再起動、あとはダウンロードしたグラフィックボードのドライバーをインストールするだけ。念のためデフォルトではなくカスタムインストールを選択、クリーンインストールのチェックを入れてインストール作業を行ったところうまくインストールできた。

インストール後は、画面解像度だけでなくサクサク動くことを確認、少なくとも私の作業には全く問題ない。

windowsでプログラムの削除を行おうとしても表示すらされないドライバーの残骸がこうも悪さをしてるとは。最初は半信半疑で使ってみたDisplay Driver Uninstallerとそのことに気づかせてくれたサイトの主に感謝。

2014年4月29日 (火)

セキュリティソフト変更

これまで、ウィルス対策としてNTT光回線契約のオプションであるウィルスクリアを使用していた。動作が軽いので重宝していたが、CADをインストールしているXP機でウィルスクリアのポップアップメッセージに促されるまま更新をしたところ新しいバージョンのインストール中にエラーが生じてインストールができないという不具合に悩まされた。このままXP機を使い続けるのは非常に怖いがネットに全く繋がないという使い方も現状できないので、これは非常にまずい。

そこで、サポートセンターに電話をしたところリモート操作を含めいくつかの手を売ってもらったが結局トラブル解決せず。こうなると正直このままウィルスクリアを使い続けるわけにはいかないので、代わりの手を考えることにした。

で、調べてみるとウィルスクリアの契約はそんなに安くない、というより評価の高いウィルスソフトでウィルスクリアを使うよりもずっと安上がりなものも多く存在することがわかった。

で、avastの無料版でお茶を濁すか、検出効果が評価されているカスペルスキーにするか、動作の軽さと検出機能の評価からESETにするか検討し、結局ESETを試してみることにした。

http://canon-its.jp/product/eset/

遺伝子工学を応用した、との触れ込みで軽さと検出の優秀さを謳うセキュリティソフトの話は聞いたことがあったけどESETがそれだったようだ。

http://www.eset-smart-security.jp/feature/history.html

ところで、遺伝子工学を応用した、というのはどういうことなんだろ? 制御工学の分野で研究されている遺伝的アルゴリズムみたいなものかな? 

とりあえず無料お試し版があるので動作を確認してみることにした。ウィルスクリアもさほど重くは感じなかったので、ESETにして劇的に軽くなった感じは正直しないが、まぁ重くなった感じがしないのは非常に良い。検出率の方はウィルスクリアで検出できなかったファイルが10個程度あり、こちらのほうが優秀なのだろう。

一つ、XPで動かしているPCで設定がうまく書き換わらないという問題が出てきた。管理者権限で設定を変更しても「その権限がない」みたいなメッセージが出て設定が変わらないのである。このままでのまずいので、サポートに問い合わせたところ、pfogramfilesフォルダに有るESETフォルダのアクセス権限の問題ということになり、ここを制御するレジストリの書き換えを勧められた。手順どおりに作業したところ、設定の変更がちゃんと反映されるようになった。無料版とはいえちゃんと回答してくれたこと、しかも休日の問い合わせであるにもかかわらず次の日には回答が得られたことで、サポートにも満足である。

さて、製品版を買おうかの。

2014年2月 4日 (火)

古いネットブック

ASUSがEeePCを出してネットブックが話題になったのも昔の話だが、当時持ち運び用にちょうどいいサイズだと思ってAcerのaspire ONEを購入した。ネットブックというよりは小型のノートパソコンといった使い心地で重宝していた。最近になって動きが重くなってきた、画面が狭いなどの理由で1年ほど前に中古で購入したレッツノートCF-R6にSSDを入れて使うようになった。

CF-R6にして満足しているが2点だけ、Aspire ONEの方が優れていると感じている点がある。一つはキーボード、CF-R6の方がサイズ的に大きいにもかかわらずキーボードサイズが小さく(その分ホイールパッドが大きい)配置も普通のキーボードとの差異が大きくミスタイプが多いのだ。もう一つが放熱が追いつかず筐体が熱くなること、熱いだけならまだしも(火傷しそうなくらい熱いのでまだしも、ではないのだが)熱を持つことでCPUのクロックを落とす仕様になっているので、動画の再生、特にyoutubeやニコニコ動画のようなネット上の動画を再生するとみるみる動画がカクカクしてきてすぐに紙芝居状態になってしまう。理由はこのレッツノートがファンレスで放熱を行う設計になっているため。私のCF-R6はハードディスクをSSDに換装しているため動作音は無音で気持ちいいのだが、ちょっとしたことで熱を持ってしまい動作が遅くなってしまう。持ち運び用のパソコンとしてはそれほど致命的でもないのだが、それにしてもかんべんして欲しい欠点ではある。
さて、外出用のパソコンをレッツノートにしてしまったのでAspire ONEが空いてしまったのだが、これは下の子にあげることにした。
久しぶりにAspire ONEを起動し、仕事や趣味に必要なファイルを引き上げ、いらないアプリやデータを削除すると50Gbyte以上の空き容量が出来た。CCleanerをかけるとサクサク動くようになったので今でも十分実用に供せるレベルになったので、Scratch(子供向けのコンピュータ言語)をインストールして遊べるようにしておいた。ちょっと画面が狭いけど、ちょっと遊ぶには問題あるまい。