2017年5月 8日 (月)

車高調の交換

今年のGWは殆ど出かけずに過ごしたが、最後の終末は家族で実家を訪れることにした。で、私はというと実家で車いじり、先日購入した車高調の交換をすることにした。

足回りの交換における最初の難関は固着したボルトを緩めるところだが、今回はその点は比較的楽にクリアできた。下の写真は交換前のBuddy clubの車高調で、当時の銘柄はレーシングスペックダンパー、今の銘柄で言うとジュニアスペックダンパーとほぼ同等品。その間の価格破壊っぷりは驚くほど。

Buddy_02_2

話を戻すと、今回ボルトを緩めるのが比較的楽だったのは、取付時にボルト周辺にグリスをたっぷり塗りたくってボルトご座面の間に水が入らないようにしていたから。正直数年も持つとは思っていなかったが、ホコリまみれの泥グチャになりながらも錆びて固着するのは避けられた模様。下の写真を見るとボルトとナットが埃で埋まっているように見え、実際触ってみると土が固まったみたいにポロポロした感じなのだが、メガネレンチをかけてみると比較的楽にニュルッとした感覚とともに緩めることが出来た。

Buddy_03

今回取り付けた車高調はCUSCOのStreet ZERO A

Cusco_02

車高調というと、ブレーキ用の配管類は車高調の胴体にタイラップで固定するなどユーザー側でなんとかしなければならなかったが、この車高調は配管類固定用のブラケットがついているのがありがたい。

ABS用の配管用ブラケットは純正のものよりも固定しやすい。ナックルとの固定ボルトには今回のことで味をしめたためグリスで塗り固めてある。

Cusco_03

ブレーキ用の配管は純正のスナップ状の部品で固定することになっているようだが、そのスナップ状の部品がなかったのでタイラップで強引に固定。

Cusco_04

インプレッサ用のStreet ZERO Aは、購入時のデフォルトではノーマル車高から45mm落ちる設定になっているようだが、これだといくらなんでも車高落ちすぎだと思ったので、全てデフォルト車高から20mm上げる設定にして組み付けた。

ところが、リア側はちょうどいい感じになったものの、フロントはやや上がりすぎなのでそこから両側共に10mm落とした、更に右側が少し高いので更に4mm落とすこととした。つまり、ノーマルの高さから、フロント右が-39mm フロント左が-35mm リアが両方共-25mmで落ち着いた。

車高調を交換した時にはもう一つ大事なこと、アラインメント調整が必要になるが、これはキャンバー角を計測するための簡易ジグみたいなものを使って行った。車高調を交換した時に生じるアラインメントの狂いは、主にキャンバー角のみなので、左右のキャンバー角を-1.7度くらいになるよう調整した。

また、折角なので久しぶりに洗車した。想像以上にドアやハッチの隙間に埃が溜まっていたので閉口したが、屋根のない駐車場に車を保管するときは、ある程度定期的にこういう細かい所も掃除してやらなきゃならないと改めて感じた。

何にせよ、今週末は色々と働いたので疲れたものの、今まで気になっていた足回り交換とと洗車ミッションをクリアできた。久しぶりの整備で楽しかった。

2017年3月29日 (水)

車高調買った

先日、迷った末に愛車(インプレッサワゴン STi ver.III)用に2セット目の車高調を購入した。

なぜ今更20年も前のインプ用の車高調を買うのか、他人が同じことをやっているのをみたらバカじゃないかと思うんだろうが、これには一応の理由がある。

現在、Buddy clubの車高調を主に履いているが、何年かおきにオーバーホールの必要がある。車高調をオーバーホールに出している間、車を放っておくわけにないかないので一時的に純正の足に戻すが、車高調が戻ってきたら純正から車高調にまた戻す。このサスペンション交換の作業が体力的に堪えるようになってきて、純正戻しと再戻しの二度手間をなんとかしたくなったということが理由の一つ。もう一つが、交換用の純正サスペンションからオイル漏れが見られるようになってきたことである。純正サスが製造から20年も経っていることを考えると多少のオイル漏れは仕方がない。

選んだのは、CUSCOのStreet ZERO Aという車高調。最近はサーキットに行くこともほとんどないので、ストリート仕様の方がいいという判断。まあどうしてもということであればBuddy clubのものに履き替えれば良いだろう。ただ、この車高調、そのまま履かせるとノーマルから45mmも車高が下がるようだ。そこまで下げなくてもいいんだけどなあ。

今はちょっと時間が取れなくて、まだ履き替えてはいないがゴールデンウィークに実家に帰った時にでも交換しようと思っている。車高については、10mm程度上げて組む予定。インプレッションはその後にでも。

2017年3月 5日 (日)

給油口ハッチのバネ部品交換

最近になって、車の給油口ハッチの調子が悪い、給油口ハッチを開けるために座席横のレバーを引いてもハッチが開かなくなってしまった。

最初は、古い車でもあるしハッチのヒンジの動きが渋くなったのだろうくらいに考えていたが、現物をよく見てみるとハッチを開くための板ばねを保持するプラスチックの部品が割れている。板ばねはハッチを開こうとしてもプラスチックの部品をひん曲げるだけになっているようだ。

で、これならば接着だけでよかろうと思い応急処置を試みたがダメのようだ。

Kanagu

 

そこで、困った時のディーラー頼み。部品代300円ちょい也。取り付けは超簡単。

Kanagu2

これで、気持ち良くハッチが開くようになった。まあ古い車だし色々あるさ。

2016年12月 4日 (日)

タイヤの履き替え

休日を利用して、組み替えたスタッドレスタイヤに履き替えた。これで冬の準備は完了。

先日交換したバッテリーも近所のスーパーオートバックスで引き取ってもらえた。フロントガラスのウロコを落とすためにウロコ落としを買いに行った時に聞いてみたら「いいですよ」という返事だった。ありがたい。

2016年11月29日 (火)

冬の準備完了(でもない)

一月くらい前にスタッドレスタイヤを購入し、土曜日や休日に一本ずつタイヤを組み替えて来たが、ようやく4本全てのタイヤの組み換えを終えた。

以前、NEXENのタイヤの組み換えをやったが、体感的にはあれよりもキツかった気がする。タイヤを嵌めるときもそうだが、ビード上げのときにすんなりビードが上がらず苦労した。

ビードは4kgf/cm^2くらいまで上げて(手持ちの圧力計の単位が[kgf/cm^2])、それからタイヤをポンポン弾ませるなどするのだが、一部ビードが上がりきらない場所がある。全身汗だくになりながらなんとかタイヤをポンポン弾ませているとある時にポンッと大きな音を立ててビードが上がる。

使っているコンプレッサーが悪い(圧力の上がり方が緩やか過ぎる)のかもしれないと、3本目と4本目の2本は、ガソリンスタンドに持っていって圧搾空気タンクから4kgf/cm-2まで一気に空気を入れたがすぐにはビードは上がらない。ところが、3本目のタイヤは4本目のタイヤに空気を入れている間に「ポンッ」と音がしてビードが上がった。タイヤをポンポン弾ませるよりも4kgf/cm^2のまま少し時間を置くのが正解だったのかもしれない。4本目のタイヤは4kgf/cm^2のあとしばらくポンポン弾ませてもビードが上がる気配がなかったので、そのまま放置することにして、ガソリンスタンドからビードが上がりきらない状態で持ち帰って来たら、家に着く頃に「バチン!」という音とともにビードが上がった。あとはタイヤの圧力を抜くだけ。

今回苦労したビード上げはタイヤの内圧を上げて、後はそのまま放置で正解だったのかもしれない。

2016年11月 3日 (木)

バッテリー交換してHID復活

右側のHIDが点灯しなくなった問題。調べてみるとバッテリーが弱っているのが原因と考えられたので、早速バッテリーを交換。

右側のHID無事点灯。そういうこともあるのか。

購入したのはコレ。

2016年10月30日 (日)

バッテリーの問題か?

右側のヘッドライトがつかない問題。HIDのバーナーを換えても状況は変わらなかったので、バラストが故障したかと思っていたのだが、ネットで調べると電源の問題もあるらしい。

ということなので、無事である左側の配線を外して試してみたところ右側の点灯が確認できた。となると、原因は電源の問題である可能性が高い。

ふむ、バッテリー交換してみるか。

2016年10月29日 (土)

冬に向けての準備

今年の冬に向けての準備として、スタッドレスタイヤを購入した。南関東住まいで冬の間は履きっぱなしで過ごすことを考えると、雪道での絶対的グリップ力よりだけでなくドライ路面やウェット路面でも使えることを考慮したいと考え、最近はダンロップ推しである。

今まではDSX-2を履いていたが、今回はその後継であるWINTER MAXXにしてみた。自分でホイールへの付け替えをするので通販で購入。荷物が届いたのはいいが部屋がタイヤに占拠されてしまった。

とりあえず今日は古いスタッドレスタイヤを外したので、あとは冬に向けて少しずつタイヤをホイールにはめていくことになる。

私が購入したのはここのショップで、値段が安いのはいいのだが2015年の39週目と15週目が混じっていたので、製造時期を気にするのであれば他のショップをオススメする。


またHIDか

右側のHIDが切れてしまったようだが、バーナーを変えても復活しない。これはバラスト故障か?というのが現状。明日確かめてみるか。

2016年1月 1日 (金)

年末の車整備

あけましておめでとうございます。

昨日の大晦日は久しぶりの車整備、といっても単なるオイル交換。
エンジンオイルとオイルエレメント交換に加えミッションオイル交換。
整備記録を見てみると、前回のオイル交換はなんと1年前。
ということは昨年の年間の走行距離は3000km未満ということか。
今後、ちょっと考えておきたい感じなのがラジエータと
オイルクーラーの配管周り。ラジエータのフレームの錆が
目立ってきているのと、オイルクーラーまわりで自分で取り付けた
配管のステンレスメッシュが破けている箇所が2箇所あり、今後
オイル漏れの可能性が心配。

より以前の記事一覧