ドライブ

2016年6月19日 (日)

車中泊か早朝出発か

普通に日帰りでドライブに行くには遠いけど、宿泊するほどじゃないという距離のドライブというのは色々と考える事があって楽しい。独り身のときは、前日の夕食後、好きな時刻に出かけて仮眠(実質的には車中泊)をとりながら目的地に向かうということをよくやっていたが、結婚してからはもう少し計画的かつちゃんと準備を整えての車中泊をするようになった。

ところが、上の子が中学生になるとミニバンといえども家族四人が寝るには少々きつく(やってみた)、それぞれの座席に寝るというスタイルだと我々大人にとっては少々堪える(これもやってみた)ということで、これならいっそのこと前日は早めに寝て、当日未明(例えば午前3時頃)に出発するのを試してみることにした。

今回の目的地は飛騨高山で出発地は東京周辺。前日20時頃から当日2時半くらいまで寝て3時に出発、高速道路は渋滞知らずなので途中休憩を入れても松本ICまでおよそ3時間。そこからR158で飛騨高山に向かい、途中のコンビニで朝食を、途中の道の駅で軽く休憩を入れても飛騨高山到着が8時頃。この時間帯だと店は空いていないので朝一をぶらぶらしたり、市内を流れる宮川の川辺で子供たちを遊ばせたりしていると、市内の店が開く時間帯になる。高山は何度も訪れているが、木工品を物色したり牛串焼きやみたらし団子を買い食いしたりして一通り満喫するのに大体3〜4時間といったところなので、8時に着いたとすれば昼過ぎに高山出発ということになる。今回も12時半頃に出発し、そこからR361-伊那IC-中央道経由で19時半頃帰宅と、車中泊をした場合にくらべるとずっと早い帰宅であった。

前日の出発の時刻を考えると正味時間が極端に違うわけでもないが、それでもいくつかの点で早朝出発の方が車中泊パターンよりも有利であるように思われた。

  1. 完全に体を伸ばせる寝床で眠る事ができる。今回は7時間半の睡眠をとったので途中極端な睡魔に襲われる事はなく、仮眠のための休憩は必要なかった。
  2. 車中泊の事前準備が不要で、しかも車中泊のために車内をセッティングするための時間も皆無
  3. 到着時刻が早すぎたと感じたが、朝一があったので退屈な時間を過ごす事はなく、人の少ない街並みを堪能する事ができた。
  4. 帰途につく時刻が早まった分、中央道の渋滞が長くなる前に都内に入る事ができた。そのため結果的に復路にかかる時間を短縮できた。
  5. 子供達が起きている時間に帰宅できたので、半分寝ている子供達を無理やり風呂に入れたりなどの追加の仕事が発生しなかった。

そんなわけで、今まで車中泊を日帰りドライブの定番パターンとしていたが、これからは早朝出発を我が家のドライブの標準パターンにしようと思っている。

2011年2月17日 (木)

女神湖氷上走行会中止

先ほど女神湖の事務局から連絡があり、大雪と気温上昇によってコース上に水が出たため明日以降の氷上走行会を中止しますとのこと。

週末を楽しみにしていたけど仕方ないね。残念。

来シーズンは雪上の走行会というのにも参加してみたいな。

例えばこんなの: http://www.rallyplus.net/information/info.php?no=24530

2011年2月15日 (火)

路面凍結

今日は、関東にも雪が降ったようで、私が住む千葉の北部も夜になって雨が雪に変わり、家の屋根が白くなっていた。

こないだの週末も夜になって気温が下がり、凍結した路面で事故しているのを数件目撃した。

よく言われているのが、橋は凍りやすい、ということだが氷上走行からの帰り道にも陸橋で数台が事故を起こしているのを見かけた。既に警察が来て調査を始めていたが、そのわきを通り抜けようとした私の車が急にゆらーっと姿勢を乱し、危うく路肩に停まっている事故車に突っ込むところだった。事故現場の脇だから相当気をつけて徐行したつもりだが、凍結した路面に乗ってしまうと20km/hでも怖い。その後も、橋を見かけたらギリギリまで速度を落としたが、それでも赤信号のため橋の上で停止しようとブレーキを踏んだらABSがいきなり作動したとか、結構ヒヤヒヤした帰り道だった。

関東地方はめったに雪が降らないから、冬でも夏タイヤのまま過ごす車が多いので、こういう状況だと自分が事故を起こす可能性と、もらい事故に遭う可能性の両方がある。

帰り道のその後は、橋を出来るだけ避けて車があまり通らない道を選んで帰宅した。車が少ない道、というのはもらい事故の可能性が低く出来る反面、路面凍結の可能性があるので正しい判断だったのかは、正直自身がないのだが。

2011年2月 9日 (水)

今年も

なんだか毎年の恒例になりつつある女神湖氷上走行会への参加ですが、今年も行きます。

つか、明日の走行会に参加してきます。

センターデフの自動制御プログラムが一応できたので、今回はそのテストも兼ねて走りまくってきますよ。

2010年12月13日 (月)

大人のウィンタースポーツ

大人のウィンタースポーツ、というような題名の動画を投稿したこともありましたが、やっぱり冬になると雪道とか走りに行きたくなりますねぇ。

で、もう一つ、毎年行きたいと思っていて、ここ数年運良く行けているのが氷上走行会。

参考、女神湖氷上走行会

http://www.megamiko-center.com/mewdl/index.shtml

関東在住だと、この女神湖の他には八千穂や赤城山の小沼あたりが比較的行き易い。ネットで探して申し込みしやすいのは、この女神湖なんだけど。

今年も行きたいなぁ。

2010年2月20日 (土)

氷上走行会

今年も行くことにしました。女神湖の氷上走行会。

今シーズンは仕事で忙しいので無理だと諦めていましたが、頑張れば1日くらい開けられそうな雰囲気になってきたところにtwitterで話題になったものだから、いても立ってもいられずそのまま申し込み。

それでは、明日行ってきます。

2009年2月23日 (月)

氷上走行会の動画

氷上走行会の様子を動画にしてみました

本来、こういうところで走るのは練習のためであり、動画を撮影するのはドラテク研究の溜めであることが多いので、カメラには本来外の景色だけでなくドライバーの操作が見えるアングルが望ましいのですが、いつもの車窓撮影と同じように撮影しました。

そのため、等速再生で見せる意味もないし、定常円旋回なのにパイロンが全然見えないソース動画など雰囲気を伝えることすら難しいものも多かったので、倍速再生とカットを多用し適当に短くしてしまいました。

氷上走行会は、ヘルメットの着用も義務づけられないなので、結構私なんかも好き放題して、車内ではBGMかけっぱなしです。ただ、手袋はしないと手の皮がむける可能性が高いので着用することにしました。去年参加した時は手に豆ができてそれがつぶれて後半大変だったので。

2009年2月21日 (土)

氷上走行会に行ってきました

こないだ、女神湖で開催されている氷上走行会に参加してきました。

Soukoukai1

氷上走行というのは、文字通り氷で車を走らせることで、凍った湖の上などで開催されるものです。勿論季節限定で、今年の女神湖のケースですと2月の23日あたりまでが最終となります。また、各種の気象条件で開催自体がキャンセルになることも多く、なかなか予定を合わせて参加するのが難しいイベントでもあります。

が、参加してみるとこれがいい練習になります。なんといっても、スタッドレスタイヤを履いていても氷の上は殆どグリップしません。コースイン直後は氷の表面に雪が残っているので、かなりグリップするのですが、しばらくすると走行車両によってコース上の雪はすべてコース外にかき出され、氷の表面はツルツルに磨かれるので、車の挙動は慣性の法則が支配的となります。つまり、何をやっても車は加速しないし曲がらないし止まらない、アクセルを踏んでもタイヤが空回りするばかりでなかなか加速しないし、ハンドルを切っても車はゆぅぅぅーっくりとしか曲がりません、ブレーキを踏んでも車は止まらないんですね。

これが、ちょうど高速走行中の車の挙動と同じ(ただし現象はゆっくり)なので、車の挙動を安全に学ぶことができるという場になっているわけです。しかも楽しい。

Soukoukai2

この日は遠慮なくすべりまくって来ましたよ。氷上走行は大人のウィンタースポーツです。