« パソコンデスク | トップページ | バッテリー上がり »

2019年11月 3日 (日)

ヘッドライトをLED化

最近、HID化したヘッドライトを点灯しても左側のライトしか点灯しないことが増えてきた。右側のバーナーが切れているわけではない、点灯時の放電に必要な電圧が右側だけ足りていないのだと思う。原因はエンジンルーム左側にあるバッテリーから右側にあるバラストまでの距離が長く、配線の劣化やコネクタの接触抵抗が増えたことにあるのだろう。

そこで、HIDの新しいバラストを購入することも含め検討していると、最近はLIDをメインのランプとして使えるようになってきているようだ。流石に明るさの点ではまだHIDに及ばないようだが、ハロゲンランプよりはずっと明るく使い勝手の点ではHIDよりも良さそうである。最近は、夜道をやんちゃするわけでもないのでそこまで明るさを必要とはしていないこともあり、HIDの明るさよりもスイッチを入れれば左右ともに確実に点灯することの優先順位を上げてLED化にふみきった。

で、Amazonを探すと出てくる出てくる、最近は本当にAmazonの品揃えが怪しくなって個人的には大歓迎なのだが、こういう捜し物をしているときには流石に面倒くさい。色々と比較した結果、SUPAREEというブランドのH4互換LEDを購入した。お代は5000円也。

Led01

LEDランプはこんな感じ。ハロゲンランプはHIDのバーナーと比較すると発光部はなんとも頼りない印象。反対に、冷却部は太くて頼もしい。

Led03

 

普通のハロゲンランプからのLED化は楽なのだが、私の場合、ハロゲンから一度HIDにしているので結構面倒くさい。まず、HIDの配線を全部外してから取り付けることになる。バッテリーとホーンスピーカーを外す必要があったので少し面倒くさかったが朝飯前で作業終了(ただし、朝食の時刻が30分程度後ろ倒しになった)。

Hid01

HIDの配線を外した後は、ハロゲンランプの代わりにLEDゆにっとを取り付けるだけ。配線はスッキリして点灯も確実、発光の効率もいいはずなのでいいこと尽くしだ。

最近は夜に出かけることも少なくなったが、これで夜のお出かけも怖くない。

 

 

|

« パソコンデスク | トップページ | バッテリー上がり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコンデスク | トップページ | バッテリー上がり »