« ESP-WROOM-02を使って植物に水やりシステム一応完成 | トップページ | 年末は車の整備 »

2017年11月27日 (月)

双眼顕微鏡観察実験キットをハンズフリーに使いたい

最近、模型制作に双眼の実体顕微鏡を使用するという話をよく聞くようになった。モデラーの平均年齢が上がるに従い老眼との戦いという一面もあるのだろうが、昨今の超精密模型製作の流れの影響もあるのだろう。

顕微鏡見ながら模型作って何が楽しいものか、と思わぬでもないが、顕微鏡を使った作例を見るとその出来栄えはやはり否定し難い。そこで、物は試しと実体顕微鏡を買おうとも思ったが、試しで買うには高価なので代用品として雑誌の付録のもので我慢することにした。

試しに購入したのはコレ↓。実体顕微鏡が2万円位からなのにたいしこれは1500円位。

実際に使って見ると拡大鏡としては悪くない、拡大率も必要にして十分だがイマイチ視野が狭い気がする。それに、模型製作用としては、架台がイマイチで観察用ならともかく作業用には向かない、顕微鏡本体が垂直で目の位置と手の位置の関係が良くないのだ。顕微鏡自体をもう少し斜めにできるのであればよいが、そこはコストを抑えた雑誌の付録。それに本来観察用なのだからこれで十分なのだ。

で、模型製作には使わず、ミジンコを観察するなどに時々使っている程度だった。

それとは別に、最近は老眼が進み近くを見ることができない、そのせいで今では模型製作に拡大鏡が欠かせない状況である。現在使っているのは↓コレ。

かなり以前に秋葉原で購入したものだが、最近では似たものがAmazonでも手に入るようだ。買った当時はあまり使えないと感じていたが、ここ数年はこれなしでは模型製作はありえないと思えるほど重宝している。本当に老眼が進んで手元が見えないのだ。

で、最近思った。これ

 

Megane03

と、これ

Megane04

をくっつけてみたらいいんじゃないかと。幸い、実体顕微鏡の筐体は樹脂製で軽い、こういう用途にも使えるんじゃないかと。
そこで、3Dプリンタで拡大鏡のレンズの代わりに上記の双眼顕微鏡を取り付けるための固定具を作ってみた。こういうときに欲しい形をそのまま出力できる3Dプリンタは便利。

Megane02

実際に組み立てて見るとこんな感じ

Megane01

ピント調整用に筐体を上下させる機構をあえてそのままにしてみたが、これが案外便利。実際に使って見ると、この手の拡大鏡としては拡大率が高すぎて最初は頭の動きと視界の速度の違いに戸惑うが、とにかく細かいところが見えるし両手が使えるから作業性は良い。

細かいところが気になるのでついつい手を入れてしまい、拡大鏡を外して「おお〜」と感動するのは思っていた以上に楽しい。

私にとって精密模型への扉を開くグッズになりそうだ。

|

« ESP-WROOM-02を使って植物に水やりシステム一応完成 | トップページ | 年末は車の整備 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/66090977

この記事へのトラックバック一覧です: 双眼顕微鏡観察実験キットをハンズフリーに使いたい:

« ESP-WROOM-02を使って植物に水やりシステム一応完成 | トップページ | 年末は車の整備 »