« パソコン復旧 | トップページ | ESP-WROOM-02を使って植物に水やりシステム一応完成 »

2017年10月16日 (月)

植物の世話の自動化

以前から、植物の世話を自動化したものを作ってみたいと思っていて、100円ショップに行った時の勢いでサボテンの一種(なのか?)の鉢植えを買ってしまった。鉢はそのままだと殺風景なので、少し大きめの容器に移し替え、園芸用の砂利で少しおしゃれにしてみた。これらも100円ショップで購入したもの。サボテンのない空間は1/35の人形を置いて簡易なジオラマっぽくしてみた。なかなか面白い風景である。

Saboten101601

まず、水やりを自動化するために用意した土の湿り気のセンサとマイコンを使って水やりのタイミングをLEDで知らせる装置を作ってみた。これに、自動的に水をやるためのポンプあるいはバルブをつければ自動化完了なのだが、この時はまだポンプもバルブも目処が立っていなかったので、とりあえずはポンプを動かす代わりにLEDを点灯したと言うだけの代物を試作した次第。

上の写真には植え込みに刺さっている湿り気センサと裏返しのマイコン基板、それに水のタンクと配管もちらっと写っているが、ポンプはまだないので水をあげることはできない。それにしても整理されていない机の上だな。

マイコンの基板も鉢の近くに固定したいので、3Dプリンタを使ってブラケットを自作してみた。

Saboten101602

今回使用したマイコンは、ESP-WROOM-02というWifiモジュール。これの便利なところは、単なるWifiモジュールとしてではなくマイコンとしても使用することができ、しかもArduinoとして使うことができてしまうところ。変則的ながら(計測レンジが0~1Vの範囲)A/Dコンバータを1ch備えているから今回のような目的にも使えてしまう。しかも、webサーバとして機能させることも比較的簡単に出来るので、今回は土の湿り気をネット越しに確認できるようにしてみた。

さて、あとは水のON/OFFをコントロールするポンプあるいはバルブとなる部分をどうするか、である。

|

« パソコン復旧 | トップページ | ESP-WROOM-02を使って植物に水やりシステム一応完成 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/65925549

この記事へのトラックバック一覧です: 植物の世話の自動化:

« パソコン復旧 | トップページ | ESP-WROOM-02を使って植物に水やりシステム一応完成 »