« 1/35 カチューシャ | トップページ | タミヤ1/35 九七式中戦車(チハ) »

2017年5月 8日 (月)

車高調の交換

今年のGWは殆ど出かけずに過ごしたが、最後の終末は家族で実家を訪れることにした。で、私はというと実家で車いじり、先日購入した車高調の交換をすることにした。

足回りの交換における最初の難関は固着したボルトを緩めるところだが、今回はその点は比較的楽にクリアできた。下の写真は交換前のBuddy clubの車高調で、当時の銘柄はレーシングスペックダンパー、今の銘柄で言うとジュニアスペックダンパーとほぼ同等品。その間の価格破壊っぷりは驚くほど。

Buddy_02_2

話を戻すと、今回ボルトを緩めるのが比較的楽だったのは、取付時にボルト周辺にグリスをたっぷり塗りたくってボルトご座面の間に水が入らないようにしていたから。正直数年も持つとは思っていなかったが、ホコリまみれの泥グチャになりながらも錆びて固着するのは避けられた模様。下の写真を見るとボルトとナットが埃で埋まっているように見え、実際触ってみると土が固まったみたいにポロポロした感じなのだが、メガネレンチをかけてみると比較的楽にニュルッとした感覚とともに緩めることが出来た。

Buddy_03

今回取り付けた車高調はCUSCOのStreet ZERO A

Cusco_02

車高調というと、ブレーキ用の配管類は車高調の胴体にタイラップで固定するなどユーザー側でなんとかしなければならなかったが、この車高調は配管類固定用のブラケットがついているのがありがたい。

ABS用の配管用ブラケットは純正のものよりも固定しやすい。ナックルとの固定ボルトには今回のことで味をしめたためグリスで塗り固めてある。

Cusco_03

ブレーキ用の配管は純正のスナップ状の部品で固定することになっているようだが、そのスナップ状の部品がなかったのでタイラップで強引に固定。

Cusco_04

インプレッサ用のStreet ZERO Aは、購入時のデフォルトではノーマル車高から45mm落ちる設定になっているようだが、これだといくらなんでも車高落ちすぎだと思ったので、全てデフォルト車高から20mm上げる設定にして組み付けた。

ところが、リア側はちょうどいい感じになったものの、フロントはやや上がりすぎなのでそこから両側共に10mm落とした、更に右側が少し高いので更に4mm落とすこととした。つまり、ノーマルの高さから、フロント右が-39mm フロント左が-35mm リアが両方共-25mmで落ち着いた。

車高調を交換した時にはもう一つ大事なこと、アラインメント調整が必要になるが、これはキャンバー角を計測するための簡易ジグみたいなものを使って行った。車高調を交換した時に生じるアラインメントの狂いは、主にキャンバー角のみなので、左右のキャンバー角を-1.7度くらいになるよう調整した。

また、折角なので久しぶりに洗車した。想像以上にドアやハッチの隙間に埃が溜まっていたので閉口したが、屋根のない駐車場に車を保管するときは、ある程度定期的にこういう細かい所も掃除してやらなきゃならないと改めて感じた。

何にせよ、今週末は色々と働いたので疲れたものの、今まで気になっていた足回り交換とと洗車ミッションをクリアできた。久しぶりの整備で楽しかった。

« 1/35 カチューシャ | トップページ | タミヤ1/35 九七式中戦車(チハ) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/65250237

この記事へのトラックバック一覧です: 車高調の交換:

« 1/35 カチューシャ | トップページ | タミヤ1/35 九七式中戦車(チハ) »