« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月22日 (月)

タミヤ1/35 九七式中戦車(チハ)

最近、お手軽モデリングとしてタミヤの1/35 九七式中戦車を作り始めた。発売から40年以上経つキットではあるが、うるさいこと言わなければ特に不満なく作れる好キットである。ファインモールドのキットと色々比較されてしまうが、価格を考えればこれで十分とも言える。現車の取材がしやすいこともあってか、ラジエターの再現など当時としてはかなり気合の入ったキットだ。

いきなり九七式を作り始めたのは、「2016AFVプラモカタログ」のおまけで付いてきたガールズ&パンツァーの西隊長の1/35フィギュアの置き場所が欲しくなったからである。今までは、なんとなくブレンガン・キャリアに乗せていたが、もう少しそれっぽい置き場が欲しくなったというわけ。

タミヤの九七式はキットとしては問題ないが、西隊長の乗車としては少し問題がある。西隊長の車両は、短砲身57mm砲搭載型ではあるが、車体が改良された新車体という仕様なので、これをある程度再現しようとすると、タミヤの新砲塔チハとニコイチにするか、ファインモールドのキットを買ってくる必要がある。が、まあ今回はそう細かい所はおいといて、キットのまま旧型の短砲身砲塔に改良前の車体で組み立ててしまうつもりである。

今回はお手軽モデリングだから、素組みで仕上げるつもりであったが、毎度のことながら気になる部分がでてきたので少しだけ手直しを加えることに。まず最初に気になったのは排気まわりのメッシュの部分。流石にプラに網目状のモールドだけというのは寂しいので、キットのパーツを削って楕円形とし、そこにプラペーパーの帯を貼り付けてそれらしく形にした上で、エッチング製のメッシュを切り出して貼りつけることにした。それらしい感じになればいいということで、メッシュのピッチなどに関しては適当。

Chiha01

次に気になったのは、砲塔上面のリベット。キットの箱絵にはリベットが描かれているのにキットには金型の都合かリベットのモールドがない。そこで、ヒートペンのリベット用アタッチメントを使って凸リベットを再現してみた。リベット径は0.5mmのものを使用。本来は、日本戦車用のとんがりリベット用のアタッチメントを使うべきだったかもしれないが、手元にないし買うのもアレなので普通のリベット。ヒートペンでのリベット打ちは面白いが最初に少し練習が必要。

Chiha02

最後に、気にしないで済ませようと思ったがやっぱり気になった車体側面下側の大穴。古いタミヤのキットはここがスッカラカン。覗き込まなければ見えないから割り切って考えればいいんだけど、でもなぁ、っていう。

Chiha03

今までは1mmプラバンを適当な大きさに切って仮組みしては修正してという作業に少し時間がかかったが、ゴッドハンド製アルティメットカッターを使用するとパシパシできてしまって大変楽。何が楽って切り口が綺麗な直線なので仕上げの手間が要らない、こりゃいい。

あと気になるのは砲塔のアンテナの太さなんだが、どうしようかなぁ、お手軽モデリングだし。

というわけで、鋭意製作中。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルティメット カッター[ゴッドハンド]《発売済・在庫品》
価格:11000円(税込、送料別) (2017/5/22時点)


2017年5月 8日 (月)

車高調の交換

今年のGWは殆ど出かけずに過ごしたが、最後の終末は家族で実家を訪れることにした。で、私はというと実家で車いじり、先日購入した車高調の交換をすることにした。

足回りの交換における最初の難関は固着したボルトを緩めるところだが、今回はその点は比較的楽にクリアできた。下の写真は交換前のBuddy clubの車高調で、当時の銘柄はレーシングスペックダンパー、今の銘柄で言うとジュニアスペックダンパーとほぼ同等品。その間の価格破壊っぷりは驚くほど。

Buddy_02_2

話を戻すと、今回ボルトを緩めるのが比較的楽だったのは、取付時にボルト周辺にグリスをたっぷり塗りたくってボルトご座面の間に水が入らないようにしていたから。正直数年も持つとは思っていなかったが、ホコリまみれの泥グチャになりながらも錆びて固着するのは避けられた模様。下の写真を見るとボルトとナットが埃で埋まっているように見え、実際触ってみると土が固まったみたいにポロポロした感じなのだが、メガネレンチをかけてみると比較的楽にニュルッとした感覚とともに緩めることが出来た。

Buddy_03

今回取り付けた車高調はCUSCOのStreet ZERO A

Cusco_02

車高調というと、ブレーキ用の配管類は車高調の胴体にタイラップで固定するなどユーザー側でなんとかしなければならなかったが、この車高調は配管類固定用のブラケットがついているのがありがたい。

ABS用の配管用ブラケットは純正のものよりも固定しやすい。ナックルとの固定ボルトには今回のことで味をしめたためグリスで塗り固めてある。

Cusco_03

ブレーキ用の配管は純正のスナップ状の部品で固定することになっているようだが、そのスナップ状の部品がなかったのでタイラップで強引に固定。

Cusco_04

インプレッサ用のStreet ZERO Aは、購入時のデフォルトではノーマル車高から45mm落ちる設定になっているようだが、これだといくらなんでも車高落ちすぎだと思ったので、全てデフォルト車高から20mm上げる設定にして組み付けた。

ところが、リア側はちょうどいい感じになったものの、フロントはやや上がりすぎなのでそこから両側共に10mm落とした、更に右側が少し高いので更に4mm落とすこととした。つまり、ノーマルの高さから、フロント右が-39mm フロント左が-35mm リアが両方共-25mmで落ち着いた。

車高調を交換した時にはもう一つ大事なこと、アラインメント調整が必要になるが、これはキャンバー角を計測するための簡易ジグみたいなものを使って行った。車高調を交換した時に生じるアラインメントの狂いは、主にキャンバー角のみなので、左右のキャンバー角を-1.7度くらいになるよう調整した。

また、折角なので久しぶりに洗車した。想像以上にドアやハッチの隙間に埃が溜まっていたので閉口したが、屋根のない駐車場に車を保管するときは、ある程度定期的にこういう細かい所も掃除してやらなきゃならないと改めて感じた。

何にせよ、今週末は色々と働いたので疲れたものの、今まで気になっていた足回り交換とと洗車ミッションをクリアできた。久しぶりの整備で楽しかった。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »