« タミヤ 1/35 イギリス空挺兵自転車セット | トップページ | 車高調の交換 »

2017年4月29日 (土)

1/35 カチューシャ

フィギュアついでに、作り始めてなんとなくそのままにしておいたガールズ&パンツァーのカチューシャの塗装を済ませた。というより、今までのフィギュアの練習が1/35のアニメキャラの目を入れる練習を兼ねていたというのが正しいかもしれない。

Katusha01

まあ、なんというか小さいが、小さいだけに細かい所はわりとごまかしが効くともいえる感じ。顔だけは設定画の正面顔と横顔を重ねて3Dデータを作ってからCNCで削り出し、残りはプラモのランナーをヒートペンでいじりまわして製作したもの。顔のモデルは3Dデータを作る上で設定画の横顔をなぞりすぎたせいでなんとも独特な形状になってしまったのが反省点だが、まあ目を入れるとそれっぽく見えるのが不思議なところ。

Katusha03

カチューシャの足の下に台のようなものがついているのは、戦車に乗せる時にちゃんと上半身が現れるようにするための踏み台。カチューシャは特に身長が低いので、多分分厚い辞書か何かを踏み台にしないと劇中のようにキューポラから顔をだすことはできないはず。

Katusha04

今回目を入れるにあたって、面相筆を数本揃えてみた。まず最初はタミヤの「モデリングブラシHG超極細」、それからクレオスの「GツールMB09 Mr.ブラシ面相筆 極細」、最後に「毛は5本Fude:HT002」である。また、目を入れる塗料はタミヤのエナメルを使用した。

タミヤの極細は毛が短く筆先の位置を決めやすいが塗料の含み量に不満が残る、かと言って塗料を薄めすぎると滲んでしまうので細い線を引こうとする用途には若干苦しいが、一方値段が安いのでその他の用途にはガンガン使っていける。今回は白目を塗るのに使用した。超極細毛は5本の方は、本当に毛が5本しかないがそれなりに腰のある毛を使っているので思っていたよりは先端の位置決めは苦労しないが、塗料の含み量はタミヤの極細以上に苦しい。ところが、思い切って薄めた塗料を含ませてみると滲むことなく細い線を描くことが出来、結局この筆で目のほとんどを描いた。クレオスの極細は、タミヤと毛は5本の中間くらいで、今回は結局あまり使わなかったが、おいおい使い所を見極めていこうと思う。

Katusha07

このカチューシャ、随分前にT-34/85に合わせて作り始めたものだがようやく乗せることができた。これで、単にプラウダ仕様で塗装したT-34/85がガールズ&パンツァーの車両になった。

Katusha05

にしてもT-34はカッコいいね。

Katusha06

« タミヤ 1/35 イギリス空挺兵自転車セット | トップページ | 車高調の交換 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/65196170

この記事へのトラックバック一覧です: 1/35 カチューシャ:

« タミヤ 1/35 イギリス空挺兵自転車セット | トップページ | 車高調の交換 »