« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

ワールドタンクミュージアム再び

最近職場に近いスーパーでワールドタンクミュージアム(WTM)の箱を見つけてしまったので思わず二つ買ってしまった。WTMにハマったのはもう10年以上も昔のこと、1/144の戦車の完成品なんか何に使うんだと思いつつ、その精密な造形を見たくてそれなりに買い込んでしまった。

今回のWTMは旧日本軍。八九式と九七式というあたりで「ああ、ガルパン効果か」なんだが、特二式内火艇なんてのもあってなかなかマニアック。しかも八九式には1/35の旧日本軍のコスプレをした女性フィギュア(1/35にしては少々大きいのだが)が付いてくるというありがたい仕様。その代わり、お値段ちょい高めの500円、最初のWTMが300円でそれでも高いと感じていたことを考えるとかなり高め。

造形は相変わらずの見事さだが、旧WTMと比較すると手作り感が薄くなりもっとカチッとした印象。なんというか、真っ直ぐであるべき部分はぴっちりと真っ直ぐになっていて気持ちがいいのだが、精密な作業の中にそこはかとなく醸し出された手作り感みたいなものがなくなってこれはこれで寂しい。これは原型師の指先が進化したのか、昨今のCNCなどの技術を導入したのかはわからないところ。

そのまま飾ってもいいが、エナメル系塗料で軽くウォッシング+タミヤのウェザリングマスターで軽くドライブラシをかけてやるとそれっぽくなる。ちょっとした手間でグッとよくなるのでオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »