« ダグラムのサントラ | トップページ | アイドリング不調は直ったみたい »

2015年9月21日 (月)

イグニッションコイル交換

最近エンジンの調子がおかしい。冷間時のアイドリングが不安定で、振動も大きい。一度プラグコードが一本抜けかけたときのような、どこかの気筒が仕事してない感じだった。

で、先日「車のことは車に聞け」ということでインプレッサの事故診断機能を使ってみたが、エラーの履歴なしということでとりあえずO2センサか水温センサって線はとりあえず後回し。じゃあなんだろ、ってことでボンネット開けてアイドリングの様子を眺めていると、イグニッションコイルとプラグコードの間で小さな火花が時々飛んでいるのが見えた。しかも、火花が飛んだ時にエンジンの回転が一時的におかしくなる。これか、ここで漏電が起こってエンジン内で火花が飛んでない、つまり点火してないってことなのか。

この日もそうだが、よくよく思い出してみると調子の悪い時はいつも雨の日、というより最近雨の日ばかりだったから気にしてなかったが湿気の影響で漏電しやすくなってるってことなのか?それはともかく場所は特定できたと。

問題はその原因がイグニッションコイルなのかプラグケーブルなのか、あるいは両方なのか、ってことで(どちらでもないって可能性もあるけど)プラグケーブルは換えてからまだ1年半くらいしか経ってないし、値段もイグニッションコイルのほうが安いのでとりあえずこちらを交換することにした。ま、普通壊れるものじゃないけど新車登録から18年目で、しかも熱いエンジンルームの中で酷使されていたのだから、コイルの絶縁皮膜が劣化しても仕方ないし、ここで新品に交換しておくのもよかろうというわけである。

今日は部品が届いたのでディーラーに取りに行ったが、今日は晴れていることもありアイドリングも問題なし。ひょっとすると原因はイグニッションコイルとプラグケーブルの差し込みが甘かっただけ?などとも考えつつイグニッションコイルゲット。

帰り道に「そういえばエアフィルターも換えてないなぁ」ということで急遽エアフィルターもゲット。量販店の駐車場でいきなりイグニッションコイルとエアフィルターの交換をしてしまった。家の駐車場は蚊が多いので「いやだなぁ」と思っていた所だったのでついつい。

イグニッションコイルの交換はボルトを4本とコネクタを一個外すだけなので簡単。エアフィルター交換も定番の作業なので両方合わせて10分くらいで終了。

before

Coil01

after

Coil02

イグニッションコイルが新品の置き換わった。一週間で汚れちゃうだろうけど。

で、肝心のインプレッションだが良く分からん。雨が降った日のアイドリングがどうかってことかな。

|

« ダグラムのサントラ | トップページ | アイドリング不調は直ったみたい »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イグニッションコイル交換:

« ダグラムのサントラ | トップページ | アイドリング不調は直ったみたい »