« タミヤ1/700多摩 張り線直前まで | トップページ | ヒートペン改造 »

2015年5月25日 (月)

ピットロード 1/700 ウォースパイト起工

少し前にピットロードの1/700ウォースパイト1915を起工した。

いままで日本の艦船ばかりだったが、今回は初めて英国艦でしかも第一次大戦艦(改装されて第二次大戦でも大活躍したが)を作ることにした。理由はユトランド沖海戦に参加した戦艦であることと、入手のしやすさ、そしてラムのある艦首がカッコイイと思ったからである。ま、ラム云々に関しては、折角のフルハルキットも洋上モデルとして作っちゃうんだけどね。

戦艦というのは調べてみると面白くて、学校の歴史で習う日清戦争の黄海海戦や日露戦争の日本海海戦の戦訓が戦艦開発史において大きな影響を与えていることや、サイズが重量や出力などに関するざっくりとした知見を与える二乗三乗則が洋上戦闘艦に関しては他の場合と異なりサイズが大きくなればなるほど攻防性能に有利になること、それが大艦巨砲主義を支えていることなど、ロマンと狂気が産み出した巨大構造物というイメージとは真逆の、その時代なりのリアルをきちんと組み上げた上でのものなのだということが分かる。ま、結局艦隊決戦思想が幻想であることは第一次大戦でみんな薄々気づくし、条約で数が減ってしまうので戦局に与える影響力も少なくなるし、砲撃以外の攻撃手段の発達によって「戦艦は戦艦でしか対抗できない」という前提もくつがえってしまうことで戦術的にも意味が薄くなってしまい結局は滅びちゃうんだけどね。そこがまたロマンなのよね。

ウォースパイトはクイーンエリザベス級の2番艦で、ユトランド沖海戦で大ダメージを食らいながらもなんとか生き残り、改装されて第二次世界大戦でも大暴れした武勲艦で、おそらく戦艦史を通して最も活躍した戦艦である。クイーン・エリザベス級は、初めて重油専用の機関を搭載することで給油の手間と時間を削減する一方でエネルギー密度の高い重油を燃料とすることで巡洋戦艦に迫る24ノットという快速を得ることになった。また、本級に搭載された38cm砲は第一次大戦における最大の火力を誇り、その速度と合わせて本級は第一次大戦最強の戦艦群といえる。

で、ピットロードのキットですが、ウォースパイトの1915年当時の姿をキット化したものである。今まで古いウォーターラインシリーズを作ってきた感覚からすると出来はとってもいい。パーツの合いもいいし細部の再現度合いやパーツのシャープさも程よい感じ。ただ、主砲等はすんなり組めなくて、一部削ったりする必要がある。ただし、プラは柔らかいので加工性は良い。

Warspite01

今回のテーマも、最低限の自己満足と最低限の手間という今までの路線を踏襲しているが、やっぱり素組みとはいかないのは仕方ない。司令塔まわりを少しだけ加工、これで司令塔っぽくなった。

Warspite03

ところで、艦橋にこのようなエッチングパーツを使うのはどうなんだろ? 窓のひさし(?)のモールドのためにエッチングというのもどうかと思うが、意外と面倒な割に仕上がりもイマイチなので第3層(?)は窓の部分にピンバイスで穴を開けてみたが、これでいいじゃんという気がする。

Warspite02

第一次大戦艦は艦橋がスマートである種の優雅さが感じられるのがいい。日本の戦艦も1920年代の姿を再現してくれたらなぁ。この時代の金剛型とかとてもカッコイイと思うのだが。

« タミヤ1/700多摩 張り線直前まで | トップページ | ヒートペン改造 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/61640135

この記事へのトラックバック一覧です: ピットロード 1/700 ウォースパイト起工:

« タミヤ1/700多摩 張り線直前まで | トップページ | ヒートペン改造 »