« 1/700 イ16 | トップページ | リモネン系接着剤 »

2015年3月29日 (日)

多摩の進捗

同時に作っていたハセガワの天龍(旧キット)は完成したが、多摩はまだまだといったところ。とはいえ、船体の塗装が終わり一応の形にはなった。

Tama_a01

あとはランチやらカッターやらを載せればほぼ完成だが....

後部上甲板の下に支柱を立てるだけで感じがでる、手すりと合わせるとなかなか。

Tama_a03

多摩の製作テーマは天龍と同様手間のコストパフォーマンス。多摩はキットの出来がいいので、できるだけキットのパーツを活かす方向で。煙突の金網はキット部品を薄々攻撃したもの、エッチングなど金属部品と比較するとどうしても薄さ、細さで及ばないがこれでも十分かと思えたり思えなかったり。細い煙突は細いプラ棒や真鍮線で置き換えることはせずキットの部品をそのまま使用、オーバースケールではあるがこれはこれでアリかな。

Tama_a04

天龍のところでも書いたけどこの頃の軽巡は斜め後ろからのアングルが一番いい。天龍と違って甲板上のリールなんかはキットそのまま。全然ダメかと思っていたが、意外と気にならないといえば気にならない、でも気になるといえば気になるというなんとも微妙な感覚。

Tama_a05

後部マスト上部はキットのパーツをそのまま金属に置き換えた。後で知ったことだが、形が少し違うんだよなぁ、どうしよう...そのまま見なかったことにして完成もアリかと思いつつある今日この頃、こういうところが考証ユルユルモデリング。

« 1/700 イ16 | トップページ | リモネン系接着剤 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/61350899

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩の進捗:

« 1/700 イ16 | トップページ | リモネン系接着剤 »