« 1/700 天龍完成(?) | トップページ | 多摩の進捗 »

2015年3月28日 (土)

1/700 イ16

1/700天龍の高射砲のパーツを選ぶにあたり、ウォーターラインの小型艦兵装セットのパーツを見てみたいと思ったが、どうも手元の駆逐艦キットは古すぎて共通パーツが入っておらず、かと言ってこのパーツのために小型艦兵装セットを買うのもシャクだったので、じゃあ駆逐艦とか小型艦艇のキットを買おうと思って悩んだ末に購入したのがイ16とイ58のセットである。駆逐艦だと手間かかりすぎるような気もしたので潜水艦なら、と思っていたことも白状してしまおう。

で、待望の小型艦兵装セットのランナー1枚をゲットしたわけだが、おまけ(?)の潜水艦も作らないというわけにもいくまい、ということでサクッと手をかけずに作ったのがこのイ16というわけである。

I16_01

潜望鏡を細くするなど艦橋まわりを中心に気がついた範囲でディテールをいじっただけだけど、今回は張り線を試してみた。以前から張り線の材料については少し集めたりもしていて、ナイロン釣り糸だと細いのがない上に無色なのが使いにくいとか、φ0.06mmの銅線を試してみたりとかしていたが、結局モデルカステンのメタルリギングがいいかもしれんという結論になった。銅線は結構良さそうに思ってみたのだが、実際に張ろうとするとその過程で簡単に曲がり癖がつくのが問題で、それほど長くもない区間をピンと張るのが意外と難しいのである。

I16_02

使用したメタルリギングの太さはクレーン部で0.06号(φ0.047mm)その他は0.04号(φ0.04mm)というもので、スケール的にはこのくらい細くないとまずかろうと思って選んだ。実際に貼ってみると「こりゃ見えんわ」ってくらい細く、光の加減で見えることもある、程度。記録写真などを見ると実際の見え方としてはそんなものかもしれない、と思えるので私の感覚からはアリ。模型雑誌などではもう少し太い線を薦めているが、張った線はちゃんと見せたいということなのだろう。

先日完成した天龍と並べてみた。意外と潜水艦って大きい。

I16_03

« 1/700 天龍完成(?) | トップページ | 多摩の進捗 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/61346221

この記事へのトラックバック一覧です: 1/700 イ16:

« 1/700 天龍完成(?) | トップページ | 多摩の進捗 »