« ハセガワ1/700天龍 船体塗装後 | トップページ | アクリジョン吹付け用混合比(未確認情報) »

2015年2月25日 (水)

艦船模型の手摺は必須か否か

1/700スケールの艦船模型において手摺は必要か否か。別に小難しく考えることもなく、手間と効果(自分が満足できるかどうか)のバランスを考えて個々人で判断すればいいことなのだが、それでも私はついつい考えてしまう。

現在制作進行中のハセガワ1/700天龍であるが、手摺以外の部品を全て取り付けたところ。部分的に塗装が済んでおらず素材の色がそのまま見える部分もあるけどその辺はご愛嬌。カメラから模型までの距離がおよそ20cmだから、実際の距離に換算すると140mの距離から眺めた感じになる。写真などを見ると手摺の類はほとんど見えないので大体こんな感じに見えるはずである。

Tenryu03

とはいえ、甲板上に手摺がないのはなんとも納得いかない気がする。

Tenryu04

後ろから眺めると主砲まわりの手摺が見える。一応固定手摺と砲塔の手摺は再現しておかないと、と思い適当にでっち上げてつけた。やっぱり甲板上に手摺が欲しい気がしてきた。やはりメンドクセーとか言わずにくっつけるかのぉ。

« ハセガワ1/700天龍 船体塗装後 | トップページ | アクリジョン吹付け用混合比(未確認情報) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/61191642

この記事へのトラックバック一覧です: 艦船模型の手摺は必須か否か:

« ハセガワ1/700天龍 船体塗装後 | トップページ | アクリジョン吹付け用混合比(未確認情報) »