« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

真実は見えるか(2)

ブロムリーに続いてついついいじり始めてしまったタカラの1/72ソルティック。これでも当時はかなり出来がいいと言われていたが、当時から設定画とくらべて今で言うコレジャナイ感を感じていた。

当時漠然と感じていたのは、ももの長さとスネの長さのバランスと頭部形状があんまり似てない(H8ラウンドフェイサーはもっと丸顔美人なのだ)ってことなのだが、足のバランスはともかく顔がイメージ通りでないのは少々問題だった。が、ここは透明パーツが絡む部分でもあり形状の変更が難しいのも確か。そんなわけで、今度新しく出るマックスファクトリーの1/72がイメージに近いんじゃないかと勝手に期待し、予約してしまった。(いつ作るんだよ>自分)

Srtic02

実家に置いてあった30年前に作ったタカラ1/72ソルティックのレストアのきっかけになったのがモデルグラフィックス2010年6月号「リアルロボットジェネレーション」の作例。岡プロによるモナカキット改造法を見て、これならそんなに時間かけずにできるかも、と思ってしまったときには記事の通りにスカート部をカットしてました、って具合。これでカッコよくなるぜ、と思いつつ途中で放置、今になって復活という経緯。
タカラのソルティックはもともと出来がいいという先入観から、ちょっとした改造でカッコよくなるぜと思って記事を鵜呑みにしてしまったのだが、一方で記事の改造だとカッコよすぎてコンバットアーマーの物悲しげな雰囲気がなくなっている気がしたのも事実。これはリボルテックのソルティックを見た時にも感じたことで、そのコンバットアーマーの物悲しげな雰囲気をいかに再現するかが今回のポイント。とはいえ、改造を再開したときには「物悲しさ」のポイントをまだ完全に理解してはいなかったので、まずは設定画とキットを比べるところからはじめることにした。
比較はとりあえずモデルグラフィックスの記事を参考に脚の付け根をいじった状態での現物と、モデルグラフィックスで岡プロがカッコよく仕上げた1/48ソルティックとデュアルマガジンの設定画の3者。改めて見ると、出来がいいと思っていた1/72ソルティックのキットが、意外とイジるところが多そうで、一筋縄では行きそうもない感じ。肩幅を詰めただけだと足から頭部への二等辺三角形が綺麗になりすぎてカッコ良すぎるのだ。設定画を見るとたしかに(1/72、1/48両方の)キットの肩幅は広すぎるのだが、肩幅を詰めただけだと腰から下が大きすぎる。
肩幅が広すぎるのには理由があって、右肩のミサイルポットの支持部のスペースを確保するためなのだが、最近では背中に支持部を持っていくという解釈で肩幅を狭くするときの問題をクリアするようだ。ところが、これはこれでコーチマspl(24部隊の青いソルティック)のターボザックと干渉するんじゃないか?など別の問題もありベストな解釈とは言えないかもしれないところが難しいところ。
それはともかく、腰とスカート部が大きいのは問題なので、設定画を見ながらウェストを細く削り、それに合わせてスカートを腰のくびれに合わせるようにわずかに上すぼみにしてみると結構いい感じになる。どうも私はリアルロボット世代のロボットのリアルさと魅力は「太さ」にあると誤解していたようだが、ことコンバットアーマーに関しては他のロボットのセオリーを踏襲するだけではダメなようだ。肩幅を詰めた分、腰とスカート部を更に細く、胸に対してバランス的に小さく、あえて言うならば貧相な感じにすると設定画のイメージ、あの物悲しい雰囲気が出るようだ。

Srtic03

というわけで、まだ腕を取り付けていないので全体のバランス取りはまだだが、下からのあおり視点であっても胸部から下が小さく、相対的に胸部と頭部が大きく見えるようになった。他のコンバットアーマーの設定画を見ると、肩は正面から見てハの字どころか逆ハの字になっているように見えるので、ソルティックもそういうバランスで作るともっといいのかもしれない。この辺り、ザクに似たデザインでありながらザクとは全然方法論が異なるのが面白い。
とりあえず脚部は設定画のイメージに近づけるようスネの前端を2mm切り上げた以外はモデルグラフィックスの記事を参考に可動部を作り直しただけだが、胴体部と頭部は
  • 肩幅が広いので胸部の幅つめ及び前後方向にも数ミリ詰めた
  • 胸部部品から腰の回転部分のみを切り離し、ウェストが細くなるように削った
  • スカート部の腰の回転部分も削り、バランスをとった
  • 左右スカートは一度切り取り前から見て上すぼみになるように接着した
  • 頭部は現状ほとんどそのままだが首にボールジョイントを埋め込み、やや下向きとなるようなポージングにした。
のような手直しを行った。これで随分コンバットアーマーらしくなったと思う。
頭部は正面から見ると設定画のような平べったい見え方にはならないのだが、先に述べたようにキャノピーの透明パーツをいじる必要が出てくるのでそこには手を入れず、全体としていかに丸顔に見せるかがポイントになると思う。あとあの口をどうするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

真実は見えるか

T-34/85が一段落したのであとは多摩&天龍に本腰を入れるか、というところだが、また悪い癖が。

ゴールデンウィークに家族で実家に行った時に中学生の時に作ったタカラ1/72のブロムリートレーラを見つけたので、何気なく自宅に持ち帰りレストアをしようという気になった。

ブロムリートレーラというのは、1981年秋から放映開始された「太陽の牙ダグラム」に登場するロボット(コンバットアーマー)を搬送するためのトレーラーで、リアルロボットブームの最中にはこんなサブメカまでプラモ化されていたのだ。まさに狂乱の時代。

Bromry01

これが中々カッコいいんで、ついつい作りなおしてみようった気になったのが運のツキ。キットは1982年の秋から冬にかけての時期に発売されたもので、発売から既に30年以上経っているのでプラスチックは相当に脆くなっている。瞬間接着剤を多用して短期間で完成に持ち込んだように思える粗い組み立てには当時の自分に説教くらわしてやりたい気分で、しかもどんなヘボ筆使っていたのか塗装面にやたらと筆の抜け毛がついている。道具はケチるなとまたまた説教を…。

とりあえず塗装面をペーパーがけして塗装ムラを消すと同時にプラ表面のヒケなどをなくし、さらに運転席を塗り直した。ヘッドライトの透明パーツは曇っていたので取り外して磨き直し、透明度を回復させた。ヘッドライトの内側はがらんどうで銀色を塗ることになっていたが、少々それらしさに欠けるので、アルミ板を折り曲げて反射板っぽくしたものを入れてみた。ヘッドライトのレンズを取り付けるといい感じになるかと思ったが、考えていたほどの効果はなかったようだ。

ウィンチはワイヤ部分を作り変えようかと思っていたが、ウィンチのモータ部分のディテールを付け加えるにとどめた。

このトレーラー、コンバットアーマーの整備用に高所作業台などを備えていて、単なる輸送車というよりはコンバットアーマー運用のための移動基地的な位置づけとして開発された車両なんじゃないかとか、色々と詮索しているうちに「こりゃクレーンは必需品だわな」ってことになって、トラック側に小型のクレーンを追加。もう30年も前の作品のサブメカに勝手な解釈つけたところで誰も文句言うまい。ついでに、リニアガンが設置してあるデッキからトラック上面に至る斜面は人にとっては(特に雨の日)には滑って登れないので段差を溶接して階段上にすべきだ、ということで勝手な設定をでっち上げてみた。

Bromry02

クレーンは伸縮できないものの、ブームを動かすことはできる。

Bromry03

クレーンは地上から荷台に機材を釣り上げるのに必須のはず。本来ならアウトリガーも無ければならないのだが、デザインが決まらず今回はパス、めんどくさいし。こういういい加減でもいいところが古い作品のいいところ。

もう一つ納得行かなかったのがトレーラーの積み荷を固定するためのロープ用フック。もともとは荷台にコの字型の手すりがついていたのだが、コンバットアーマーが降りるときには邪魔になるだけなのでこのようなものが付いているはずはないという俺設定。フックの類はコンバットアーマーの積み下ろしで邪魔にならないよう側面にひっそりとあるべき、という考え方からこのようなデザインに、ただし地上から人の手がとどく高さではないので、おそらくトレーラー荷台から身を乗り出すようにしてロープをかける必要がある。もう少しエレガントな解があると思うのだがアイデアがなくてこのようなスタイルに。

Bromry04

これで荷台の上面にはすべり止め以外何もなく、コンバットアーマーは手すりを折ってしまう心配が必要なくなったというわけで、デロイア兵バンザイな気分。荷台全面にあるすべり止めのモールドはややオーバースケールな感じはあるもののこれはこれでそれっぽいので気にしない。

それにしても、このトレーラ。高所作業アームを搭載しているところを見ると、アームを駆動するためのエンジンと油圧配管が走っているはずだと考えたが、そのためのディテールや部品の追加は今のところしないつもり。理由は、色々と考えだすとダグラムの世界を楽しむという方向性からずれて仕事してる気分になってしまうし、何よりも時間がない。

で、トレーラーを作るとこっちも作りたくなる。

Srtic01

タカラがソルティックのキットを販売した頃からソルティックの模型にはずっと納得出来ない感が残っていたので、ここで一つの回答を出してみようかという気になったからである。ソルティックは直線基調でありながら中々捉えにくいデザインのようで、タカラの1/72、傑作と言われたタカラの1/48、そしてそろそろ発売になるマックスファクトリーの1/72(の完成見本写真)も何か設定画の形とは雰囲気が違うのである。

ま、ソルティックについてはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T-34/85完成

ここしばらく更新が途絶えていたが、改めて見ると半月以上更新してなかった。

なんだかんだで1年くらいかかってしまったが、T-34/85プラウダ高校仕様が完成した。車体そのものは結構前に完成していたが、キャタピラの作業に手間取ってしまった。今回作ったタミヤのキットにAFVクラブのキャタピラが合うのか少々不安だったが、若干長さが帯たすきになってしまう意外は良好。ただ、キャタピラのピースをはめ込むときにダボが折れてしまうことが結構あったのでところどころ接着している。そのためガラガラと手で押して遊ぶことはできない(遊ばないけど)。

T34c01

カチューシャはまだまだ完成せずだが、やはりフィギュアがあるだけでガールズ&パンツァーの車両という感じがする。
デカールはモデルカステンのものから、寸法が1辺が9mmのものを使用した。高いけどデカール自体は良質のもの。デカールは発売当初のものを買ったが、改が出るまで待てばよかった。それにしても、デカールが色々と余ってしまったので他にも作らなければという気になってしまうのはなんというか本末転倒。

T34c02

左サイドからのT-34/85

T34c03

せっかくなので、以前作ったT-34/76とのツーショット。どちらもタミヤのキットだが、T-34/76では完成後にあれこれ気づいて後悔することになった前面装甲にある穴などはT-34/85では修正した。性能はともかく、T-34は76の方が形としてはまとまってるしコンセプトも読み取りやすい。T-34ショックをもたらしたT-34/76に対して大戦後期に登場したT-34/85は性能的優位性は既に失われていたが、ドイツ軍のパンターに対しても対抗可能な性能を持っていたため数で押すことで最終的に勝利を手にすることができた。

T34c04

T34c05

それにしても、T-34はカッコいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

なぜかHID復活

先日切れたはずの右側HID。実家に帰って予備品を見たらどうやらお亡くなりになってる部品。仕方ないので、元に戻して新品バーナーの手配をしたところまでは良かったのだが...

先日、仕事で出先に車で行った帰り。ヘッドライトをつけたら両方共点灯していた。助かったー、とは思うものの注文してしまったバーナーはしばらく出番なしだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »