« 模型用に食器乾燥器 | トップページ | うすめ液の必要性 »

2014年3月31日 (月)

アクリジョンで研ぎ出し

アクリジョンのメタリック3色が発売され、とりあえずシルバーを購入した。

そして、テストを兼ねてメタリックの発売を待つためにしばらく置いておいたフジミのMR-2のために、シルバー+クリアーブルー+インディブルーでメタリックの青を作り早速スプレー吹きしてみた。

先日の記事で、アクリジョンでのエアブラシ塗装にはツールクリーナーを混ぜると良い、と書いたがうすめ液をほとんど混ぜずにツールクリーナーだけで薄めると、ニードル付近で塗料が乾いてしまい、そうして出来た塗料カスが塗装面に乗ってしまうので大変よくない。やはりリターダーの効果はある程度必要なので、薄めるならばツールクリーナーだけでなく推奨量程度のうすめ液も混ぜる必要があると実感した。

うすめ液のリターダー効果により乾燥時間が伸びることについては、先日投入した食器乾燥器でほぼ問題解決できることがわかった。

で、肝心のMR-2だが、私が以前乗っていた車と同じ色にしてみようと混色した。イメージとしては大体同じ感じなのだが、もともと純正色ではないようなのでパンフなどを見てもこの色はなかった。

Togidasi01

この塗料でキラっとした艶あり塗装をするには練習がひつようなようで、多少ざらついてしまう。が、今回はクリア層を厚めに重ねて研ぎ出しをすることにしていたのであまり気にしない。

まずはクリアを重ねた段階での塗装面。写真だと分かりにくいがスプレー跡が見える。

Togidasi02

トランクは#1500の耐水ペーパーで磨き終えた状態での撮影

Togidasi03

天井は、#1500のペーパーがけの後でコンパウンドで磨いた。まだ磨きが足りないのでキラっという艶ありではないが、それでもかなりきれいな艶が出た。

Togidasi04

アクリジョンの塗膜は固く、研ぎ出しも問題なく出来る。クリア層が簡単に削れてしまうんではないかと最初は不安だったそれも杞憂だったようだ。

F1ではない普通の車のプラモデルを作るのは小学校のとき(スーパーカーブームの時)以来で、ボディにクリア層をかけて研ぎ出しをするのは初めてだったが、コンパウンドで磨くとボディがなんとも言えない光を帯びてくるのが楽しい。高校生のときに工芸の授業で(人工)漆を研ぎだして艶を出しすのが楽しかったのを思い出した。

« 模型用に食器乾燥器 | トップページ | うすめ液の必要性 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/59389350

この記事へのトラックバック一覧です: アクリジョンで研ぎ出し:

« 模型用に食器乾燥器 | トップページ | うすめ液の必要性 »