« ATtiny10をトイラジに | トップページ | AutoCAD LT 2004はWindoes8.1上で動くのか? »

2014年2月 1日 (土)

1/700雪風完成

20年以上前に作り始めてから15年以上放っておいたアオシマの1/700雪風が完成した。って書くとなんだかすごいな。

Yuki01

本当は船体に艦名が「ゼカキユ」と書かれている(文字の形をした金属板が取り付けられてる)のだがデカールを紛失したので艦名はなし、残念。
Yuki02
当時はピットロードのパーツを使ってディテールアップするぞぉ、と意気込んでいたが時代はエッチングパーツやらファインモールドのナノドレッドやらが出てきてしまい、既にピットロードの製品自体が時代遅れになってしまった。とはいえ、折角買った部品セット、使わないのは惜しいので甲板の機銃など、オーバースケールと知りつつそのまま使ってしまった。
艦船模型は2000年のあたりでエッチングパーツなどを使ったディテールアップが広まり、ここ15年位で最も製作スタンダードが変化した熱い分野だと思っていたが、こうやってちゃんと完成させたことはなかった。

Yuki03

今となってはエッチングなどアフターパーツをふんだんに使った超絶ディテールで製作するのが半ば当たり前になっているので色々と試してみたが、エッチングパーツは使うのに慣れが必要で、こういう細かい後付パーツを使えば誰でも超絶ディテールになるってもんでもないのね。とはいえ、こうやって色々ディテールを作りこんでいく課程で本来それが何をするものなのかを知ることができたのは楽しい。艦船模型って楽しい。
キット自体はリニューアル前のアオシマの製品なので船体と艦橋と煙突以外はキットのパーツを殆ど使っていない。ところが、後にリニューアル後のアオシマのキットは実に素晴らしいことを知って時代の流れを感じた、今のモデラーは幸せモノだ、今のキットは高いけど。
張り線も挑戦しようと思ったが、つけたらつけたで持つことができなくなりそうだったので今回は見合わせた。あと汚し塗装もやってみようと思っていたが、それは気が向いたらということで。
こういう細かい模型は埃が積もると掃除が非常にやりにくいのでケースの中に入れることにした。ケース本体は100円ショップのものを使い、先日製作した模型棚で余った塩ビ板に青塗装して海っぽくしたものを下に敷いた。

Yuki06

リサーチ不足で色々と気になる点はあるものの、まぁよく作りました。艦船模型楽しいぜ。

« ATtiny10をトイラジに | トップページ | AutoCAD LT 2004はWindoes8.1上で動くのか? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/59052274

この記事へのトラックバック一覧です: 1/700雪風完成:

« ATtiny10をトイラジに | トップページ | AutoCAD LT 2004はWindoes8.1上で動くのか? »