« MDP-100の回転数問題解決 | トップページ | 模型用ニッパー購入 »

2014年1月11日 (土)

中古のプラモデル

仕事帰りに中古グッズショップで捨て値で売られていた車のプラモデルを子供のために購入。子供たちは喜んで作り始めたので、それはそれでいいのだが。

最近、といってもここ15年くらいの傾向なのだが、プラモデルの値上がりがひどい。新規開発品であれば人件費や開発費に対する売上の期待値を考えればやむを得ない部分もあろうが、開発がすでに終了した旧キットものきなみ値上げをしているのはなんとかならないだろうか?
というのも、子供たちがガンプラから他のプラモデルに手を出そうとすると、どうしても値段がネックになる。1/24の車のプラモデルがどれも2000円以上するのでは子供の小遣いでは手が出ない。結果、子供たちはガンプラで買えそうなものの中から好きなものを買う、ということになる。ま、小遣いの使い方としてはそれで悪くないのだが。
バンダイがガンプラの旧キットの価格を据え置いているのは戦略的なものとしても、ガンダム以外の再販に関しても値上げは最小限にとどめており、これが他のメーカーでもできないものか、と思ってしまう。
で、たまに出てくる中古の格安プラモをついつい漁ってしまう言い訳でした。

|

« MDP-100の回転数問題解決 | トップページ | 模型用ニッパー購入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古のプラモデル:

« MDP-100の回転数問題解決 | トップページ | 模型用ニッパー購入 »