« 模型用ニッパー購入 | トップページ | アクリジョン実戦投入(2) »

2014年1月16日 (木)

アクリジョン実戦投入

昨年に発売されたGSIクレオスの新水性塗料アクリジョン、個人的に興味があったので試しに買ってみたところ悪く無さそうだったので色数を増やし、実際に使ってみようと考えていた。

先日買い与えた1/24の車のプラモデルを子供たちが楽しそうに作っているのを見て、作りかけのフジミ1/24のMR-2(SW20)を持ちだしてシャーシの塗装をしてみた。

乾燥が早いことや水性塗料と比較して粘度が高く見えることから筆塗り向きではないと考えていたが、見た目よりも伸びがよくドロッとしていてもネバネバしていないので筆塗りはしやすく思ったほど筆ムラにもならない。喩えるなら、今までのラッカー系や水性アクリルが水飴を塗るようなものだとすると、アクリジョンはハンドクリームを筆で塗るような塗り味で、塗料というより絵の具やポスターカラーのような感じ。アクリジョンはアクリル絵の具に近いものなのかもしれない。

ただ、油断してボテっと塗るとタレてくるので、今までの塗料で筆塗り塗装する感覚を一度忘れたほうがいいかもしれない。あと、筆は他の塗料で塗る時よりもかための毛の筆を使った方がいいように思える。筆の毛が塗ったままの状態から元のまっすぐの状態に戻りにくいことがあるからである。

乾燥は確かに早く、作業性はいい。また、塗膜も水性塗料と比較すると丈夫で手でいくら触っても指紋がついたりはしない。最初少し気になった臭いも、長時間塗装作業をしていても気になることはない。

赤の隠蔽力については、確かに隠蔽力は弱いものの水性塗料と同じくらいで気になるレベルではない。
と、これまでのところアクリジョンの使い勝手は非常に良く、色数が揃えば我が家の主力塗料にしたいところである。とりあえず、今春に発売が予定されているメタリック系に注目である。

« 模型用ニッパー購入 | トップページ | アクリジョン実戦投入(2) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/58953118

この記事へのトラックバック一覧です: アクリジョン実戦投入:

« 模型用ニッパー購入 | トップページ | アクリジョン実戦投入(2) »