« 新水性塗料アクリジョン | トップページ | 佐原の大祭 [千葉] »

2013年12月26日 (木)

柿田川公園 [静岡]

先日、友人たちの家族と合同で家族旅行に出かけた。そのときに立ち寄ったのが柿田川公園である。

以前、朝の情報番組か何かで、大量の湧水を源とする非常に水の綺麗な川が街中にあるという紹介がされていたのを見て、いつか行ってみたいと思っていた。が、肝心の柿田川の名前を忘れていたので結局そのまま行かずじまいになってしまっていた。

場所は漠然と三島だと思っていたが、実際は沼津の方が近い。正確には静岡県駿東郡清水町のようだ。国道1号線沿いで道路を走る車から見るとただ森があるようにしかみえない。駐車場も少々わかりにくいが駐車場は広く、場内の案内も親切だった。

駐車場からちょっとした公園を通り、第一、第二展望台の階段を下ると湧水を見ることができる。第一展望台からは川底からの湧水を見ることができる。柿田川の湧水は一日当たり100万トン以上もあり、水源は富士山の雪解け水や降水でおよそ30年かけて地中を通ってくるそうだ。

Wakimizu2

水は本当に透明。

Wakimizu3

川の周囲には建物もあってごく普通の風景だが、サギが飛来するなどピンポイント的に自然が豊かな感じが面白い。

Kakitagawa

第二展望台からは、かつて製紙工場の敷地だったころの井戸跡が見られる。こう書いてしまうと情緒もなにもなさそうだが、実際にこれを見ると言葉を失う。

Wakimizu4

きれいな水の色は本当に青い。ここを訪れたのが夕方で少し暗かったことと、スマートフォンのカメラで撮影したので色の再現度はイマイチだが、それでも水の青さがわかるくらい青い。井戸の底からは湧水によって砂が吹き出しているように見える。

名前を忘れていたとは言え、ずっと行きたいと思っていた場所に図らずも来ることができて大満足である。

|

« 新水性塗料アクリジョン | トップページ | 佐原の大祭 [千葉] »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿田川公園 [静岡]:

« 新水性塗料アクリジョン | トップページ | 佐原の大祭 [千葉] »