« 柿田川公園 [静岡] | トップページ | 年末年始は車いじり »

2013年12月29日 (日)

佐原の大祭 [千葉]

写真フォルダを見ていたら今年10月に行った佐原の大祭の写真が出てきたのでここで紹介。

佐原は千葉県北部にある古くからの商業の街で、現在は香取市の一部である。水路を使った運輸網が行き届いており、江戸の街の風情を今でも残しているところから小江戸とも呼ばれ、最近では観光にも力を入れているようだ。実際、ドラマや映画、CMのロケ地になることも多い。

タイトルの佐原の大祭は、佐原の街中を町内ごとに各々の飾りを載せた山車が佐原囃子を響かせながら練り歩く、というものである。夏の大祭と秋の大祭は祭の主催が異なるので本来は別の祭なのだが、佐原の大祭としてセットで扱われることが多い。夏の大祭は佐原市街の中心を流れる小野川の東側にある八坂神社の祇園祭としてのものなので、参加する山車は小野川の東側(本宿)の町がそれぞれの山車を繰り出す。

今回見た秋の大祭は新宿と呼ばれる小野川の西側の地区にある諏訪神社の祭である。秋の大祭の山車の飾りは歴史上の人物などの像が多い。

佐原駅前には義経の飾りを載せた山車がいた

Sawara01

正面に回ると

Sawara02_4

街中をウロウロするといろんな山車に出会う。これは大和武尊、電線にひっかかりそうなときは上に乗ってる人が電線を棒でのける。

Sawara03

これは小楠公こと楠木正行

Sawara04

これは大楠公こと楠木正成

Sawara05

これは瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、手前の川が小野川。

Sawara06

源義経再び

Sawara07

佐原は日本地図のための測量をした伊能忠敬の出身地としても有名で、佐原の街中には伊能忠敬の大河ドラマ化を望む旗が目についた。佐原には伊能忠敬の旧宅が保存されていたが、2013年10月現在で(東日本大震災の)震災復旧の修理中のため見学不可。小野川を挟んで旧宅の反対側にある伊能忠敬記念館の方は入場可能である。ちなみに地元では伊能忠敬の名前を音読みして「ちゅうけいさん」と呼ぶ。

旧宅と記念館とを行き来するのに便利な位置に橋があり、これは人だけでなく水を通している水道橋でもある。水道の汚れを取り除くために時々水道の水を小野川に流すのだが、そのときの音のためか「ジャージャー橋」と呼ばれている。今は30分に一度くらいの割合で橋をとおる水を小野川に放流する。幸い放流の場に居合わせたので写真を撮ってみた。

Sawara08

|

« 柿田川公園 [静岡] | トップページ | 年末年始は車いじり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐原の大祭 [千葉]:

« 柿田川公園 [静岡] | トップページ | 年末年始は車いじり »