« テンセグリティ構造のおもちゃ | トップページ | トイラジ分解 »

2013年12月 5日 (木)

トイラジを買ってみた

我が家の子供たちはラジコンが好きで、何かの機会があるとラジコンが欲しいというので何台かのラジコンを買い与えている。

このあいだ(といってもかなり以前だが)、子供たちとラジコンコースのあるショップを見たところ、彼らはドリフトに興味を持ったようだったが、彼らは家のラジコンではドリフトができないと言っていた。アクセルとステアリングがON/OFFしかできないトイラジで、しかも二輪駆動ではドリフトは難しかろう。私も彼らのラジコンを借りてタイヤを外したりしてドリフトを試みてみたが定常円旋回すら難しいと感じた。よく言われていることだが、ラジコンでドリフトをやるならば四駆であることは必須だと実感した。

最近ではドリフトできるという触れ込みのトイラジが結構あり、Amazonなどで比較的安く購入することができる。四駆でプラ製のローグリップタイヤであればドリフトできるだろうという安易なものだが、四駆メカさえ実装されていればあとはどうとでも遊びようはありそうである。

実際に買って走らせてみて、もし面白ければ子供たちにも買い与えるつもりなので、安価かつ家の中でも十分に走らせることができ、その上でドリフトの条件である四駆とローグリップタイヤが付属しているものを探してみた。その結果「レーシングドリフトcar」という一連のシリーズを見つけた。車種としてS15シルビアやスープラ、GT-RやフェアレディZがラインナップされており、試しにシルビアを購入してみた。

ラジコンにセットされているものはラジコンカーと送信機の他にグリップタイヤとドリフトタイヤを1セットずつとパイロンが付属している。なお、写真の車種がスープラなのは、試しに購入したシルビアのボディを後に子供が欲しがったので交換したからである。

Rajikon2

Amazonでの評価は両極端だったこともあり、工業製品としてどんな水準なのかは正直不安だったが、届いた製品はまずまずで概ね満足できるものではあった。とは言っても、問題点はそれなりにあり、そこは2000円以下で買えるトイラジということで安い分工夫して楽しめば良い。

Rajikon4

実際の製品がとどいてまず感じたのはボディーが綺麗で、かつ重いこと。重いのはいかにもマイナスだが、このボディー重いだけのことはありぶつけても壊れたりしないどころか塗装面にも傷がつきにくい、子供たちに買い与える上でこれは大きなプラスポイントである。

Rajikon5

ボディを外すとこんな感じ。おもちゃとはいえ1/24くらい小さいとシャーシに全てがぎっしりと収められている凝縮感がある。このように、見てくれはいいのだが、全体的にガタがあり、ステアリングの切れ角が左右で異なったり、操縦性が良くなかったという問題があった。少し観察してみると右フロントの接地が不十分だと感じたので薄手のプラ板を切ってワッシャ代わりに右フロントのナックル(?)上部に挟み込むなどの調整をした。車に搭載する電池は単3乾電池を3本だが、右側2本の左側1本という変則的な搭載方法なのでバランスに欠けるという評価もあったが、それよりもむしろ左右でステアリングの切れ角が異なる(しかも個体によってそうとうばらつきがある)方が問題かな、と。ステアリングの切れ角の問題はいくつか対策を打ってみたが完全解決には至らず。

Rajikon3

また、このラジコンのドリフトタイヤはフロントがゴム製でリアがプラ製のため、フロントばかりがグリップしてすぐスピンしてしまう。そこでフロントタイヤを外してフロント側をホイールむき出しで走らせてみたところこちらの方がドリフト時のコントロールがしやすい。そこで、フロント用の樹脂タイヤをABSから切り出して手作りフロントタイヤを制作した。こうすることで床の上でちゃんと定常円旋回ができるようになる。ただし、アクセルもステアリングもON/OFFだけなので一瞬だけカウンターを当ててすぐに戻すことを繰り返したり独自の技が必要。

結構面白いことがわかったので、子供の前で遊んで見せて欲しがるように仕向けた後スープラとGT-Rを買い与えた。このラジコンは周波数が40MHzか27MHzの2種類しかなく、しかも車種によって周波数が決まっているので子供同士で走らせることができるよう異なる周波数の車種を選んだ。

それにしても、こんなよくできたおもちゃが2000円で手に入るのだから時代は変わったものだ(いきなり年寄りモード)。工業製品としての完成度には多少の不満はあるものの、2000円でこれだけ楽しめるのだから買って損はないと思う。

ただ、これをそのまま楽しむだけでなく、せっかくのおもちゃなのでもうちょっと突っ込んだ楽しみ方をしてみたいところだ。それについては別の機会に。

« テンセグリティ構造のおもちゃ | トップページ | トイラジ分解 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/58680475

この記事へのトラックバック一覧です: トイラジを買ってみた:

« テンセグリティ構造のおもちゃ | トップページ | トイラジ分解 »