« SONYロータリーコマンダーでパイオニアのカーオーディオを操作する | トップページ | 足回りの交換 »

2012年4月16日 (月)

ブッシュ交換完了

以前から替えなきゃなぁと思いつつあったブッシュ交換、と書いたエントリーがなんとおよそ1年前。ようやくブッシュ問題にケリがついた。

1年前の書き込み

http://e-n.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7315.html

去年の5月にブッシュ交換の手順を決めて、予備のメンバーをヤフオクで購入。夏前にはブッシュの打換えをディーラーに依頼していたので、10ヶ月以上そのまま放置しておいたことになる。

実際は、ブッシュの打換えを済ませたメンバーのサビを落として再塗装していたりもしたのだが、それを合わせても去年のうちにはメンバーの載せ替え作業が終わっていたはずであるが、なぜそれが今頃になったのか。

8月: 暑いし虫には刺されるしで、この時期の作業はイヤ

9月、10月: 仕事忙しくて1日まるまる車の整備に充てる時間が取れなかった

11月: 前半は忙しさが続き、後半は寒くてイヤ

12月~3月: 寒い中作業するのがイヤ

という、なんとも我儘な理由から作業を先延ばしにしていたのである。

作業の内容は、ヤフオクで購入しブッシュ交換を済ませたメンバーを交換するだけであるが、これが一苦労。いや、一苦労どころではなかった。

手順としては

  1. リア側をジャッキアップ(ホイールナットを緩めておく)。ウマをかける。
  2. デフオイルを抜く
  3. タイヤを外す
  4. ナックルとラテラルリンクを結合するボルトを抜く
  5. マフラーを下ろす(ゴムブラケットを外すだけで可)
  6. リアのドライブシャフトを抜く
  7. プロペラシャフトを切り離す。再組立のときに位相が狂わないよう印をつけておくこと。
  8. リアデフを下ろす
  9. リア側のメンバーを下ろす
  10. フロント側のメンバーを外すために、下回りのケーブルを固定するブラケットや遮熱板を外す
  11. フロント側のメンバーを下ろす
  12. リアデフまわりにオイルにじみがあったので、リアデフ回りのオイルシール及びOリングを交換する
  13. フロント側のメンバーを新しいものに交換する
  14. 新しいリア側メンバーに古いリアデフメンバーに固定されているラテラルリンクを移植する。アラインメントが狂わないよう、偏心ボルトの角度が変わらないよう印をつけておくこと。Sinkyu
  15. リア側のメンバーとデフを仮固定して車に載せる(両者別々でもいいが、今回はこちらが楽だと考えた)
  16. リア側メンバーは何も考えずに固定するとアラインメントが狂うので、固定ボルトの間にある穴位置を見て調整しながら固定すること。
  17. 10.で外した部品を取り付ける
  18. ドライブシャフトを組み付ける。オイルシールを傷つけないよう注意。
  19. ラテラルリンクをナックルに固定
  20. デフオイルを入れる
  21. タイヤを付ける
  22. ジャッキから下ろす。

手順自体は難しくないが、とにかくマフラー、デフ、メンバーが重いので作業は遅々として進まず、体力が消耗していくといった感じ。もう若くないことを実感した。

おかげで途中で写真を撮る余裕がなかったので、一部のみ紹介。

D型ワゴンSTiのメンバーには共振防止ようのおもりがついてる。

Omori1

Omori2

ヤフオクで購入したメンバーはRA用ということで潔くおもりの類はキャンセルされてます。

Omorinasi

移植できる部分だけでも移植しようと一瞬考えましたが、中途半端な移植だと重くなるだけで意味が無いと考えやめました。音を気にしなければ問題ないはず。

外したメンバーのブッシュ

Fbush_furu

Defubush_furu

新しいブッシュ。しかもSTiの強化品

Fbush_shin

Defubush_shin_2

具体的に走りがどう変わるかは正直「これだっ」ってほど強烈にはわからないけど、少しだけ新品の乗り味にもどった気がする。ま、これからもよろしくね>インプ、ってことで。

|

« SONYロータリーコマンダーでパイオニアのカーオーディオを操作する | トップページ | 足回りの交換 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュ交換完了:

« SONYロータリーコマンダーでパイオニアのカーオーディオを操作する | トップページ | 足回りの交換 »