« 足回りの交換 | トップページ | 染めてみた »

2012年4月27日 (金)

小布施 蕎麦「鼎」

先週末に、長野県の北の方へ行ってみた。長野と新潟の県境は通ったことしかなかったし、なんとなく今頃の時期の景色がよさそうな気がしていて、ちょっと行ってみたくなったというわけである。

昼頃小布施のあたりを通りかかったので町営の駐車場に車を止めて小布施の街並みを楽しむ。小さくて雰囲気があっていいところだ。と、蕎麦屋の看板が目に入る、看板に従って歩くこと数分、小布施の街並みから少し離れたところにあったのが表題の「鼎」という蕎麦屋だ。

http://www.e-obuse.com/shop/index.php/kanae

注文したのは十割そばとそばがき。そばがきはふわふわもちもちとした食感に蕎麦の香りがよく合い、醤油やわさびと実に相性がいい。十割そばも蕎麦の香りが楽しめて大変美味しかった。が、特筆すべきなのはドロッとした蕎麦湯。そばをゆでた釜の底からとったものか蕎麦粉を後で加えたものかわからないが、他のどこの蕎麦湯とも違う。蕎麦湯にごく少量のつゆとわさびと大根とねぎを入れ、蕎麦の味と香りを味わうとこれがうんまい。また小布施に立ち寄る機会があれば是非行きたいところだ。

|

« 足回りの交換 | トップページ | 染めてみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小布施 蕎麦「鼎」:

« 足回りの交換 | トップページ | 染めてみた »