« 永井電子 ドライブモニター | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年12月12日 (月)

テンセグリティでペン立て

張力材としての索と圧縮材としての棒からなる構造、テンセグリティ構造を割り箸と輪ゴムで簡単に作ってみたことがあった。

http://e-n.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-5a4d.html

簡単なテンセグリティ構造を応用して、ペン立てを作ってみた。

Ikko

ペンが入るスペースを確保するため、棒材はくの字に曲げたブーメラン形状とした。ペンを立てるとこんな感じ。

Withpen640_2

棒材の部分はコクタン材で、土台の部分はジョイフルホンダで売ってた端材(なんの木かは忘れた)。ヒモは透明にちかい樹脂系の材料にするか、明らかにそれとわかる材質にするか悩んだが今回は棒材が浮いて見えるという演出上の利点ではなく手作り感を出したかったので皮系のヒモを利用した。

もともとこれを製作したのは、前職の職場が関東から撤退すると同時に知り合いのスタッフが職を離れることになったため、今までお疲れ様という感謝の意を込めたプレゼントという意味合いからだった。そのため、今まで秘密にしてきたが、こないだの飲み会で手渡すことが出来たので写真を公開することにした。プレゼントとして渡したものは好評だったので、また似たような機会があればプレゼント用にいくつか作るのもアリだと思っている。

プレゼントとして製作したのは全部で2個だが、実はこのデザインと構造がアリなのかを見るために一つ試作品をつくってみたものがある。

3ko

紐を通す順番や、ヒモの固定方法などは試作品の製作段階であらかた固めたが、プレゼントとして送ったものはさらにヒモの張力を高く、またしっかり固定することで剛性をあげた。

たまにはこういう工作も楽しくていい。

« 永井電子 ドライブモニター | トップページ | あけましておめでとうございます »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/53469946

この記事へのトラックバック一覧です: テンセグリティでペン立て:

« 永井電子 ドライブモニター | トップページ | あけましておめでとうございます »