« 黒部峡谷トロッコ鉄道 [富山] | トップページ | HID切れた »

2011年5月26日 (木)

運転しながらパソコンをいじる

随分前になるが、車載したノートパソコンをいじるためのスイッチが欲しいが、そのためのUSBインターフェイスのキットを手にいれたので作ってみた。そんな記事を書いた。

参考: 車の運転中に車載パソコンをいじるための実験

今度、遠出をする予定が出来たので、このときに試したUSBインターフェイスを車に実装して、実際に使ってみようということを考えた。

車載ノーパソをいじる、といっても運転しながらのこと、それほど複雑なことはできない。今までの経験で、アクティブなウィンドウを切り替えられたらいいな、と思うことが多かったので、まずはそれを実現したいというわけである。ここの部分は、以前の記事の段階で既にテスト済み。

あとは、車に切り替え用のスイッチをつけて、USBインターフェイスのキットの基板をどこかに固定するだけなのだが、できるだけスマートに行きたいと思うのが人情というもの。また、インターフェイスは人間と直接コンタクトをとる部分である、たかがスイッチであるが、操作して気持ちのいいスイッチを選びたいところだ。

秋葉原で、いくつかのスイッチを試しに購入してみて検討したところ、キーボードに使うようなスイッチが一番よさそうだという結論に至った。決め手になったのは、押したときの感触とクリック感。クリック感のないスイッチは操作スイッチとしてはイマイチ。タクトスイッチは押したときの質感が安っぽくてこれもダメ。で、あれこれ試してみると、ダメもとで買っておいたキーボードに使うようなスイッチが意外と好感触。今回はこれを使うことにした。

あとは、スイッチを付ける場所だが、私の車には色々なものが付きすぎていて、新たにスイッチを付ける場所が限られている。車を走らせながら、手を持って行きやすい場所を検討した結果、ハンドルコラムの下側がよさそうだという結論に至った。懸念される事項は、膝で間違ってスイッチを押してしまわないかということだが、渡しの場合はそれもなさそうだ。

スイッチと設置場所が決まったので、あとは工作あるのみ。ハンドルのコラムを外してスイッチを取り付ける。

Switch

ちょっとわかりにくいが、コラム下側に2つのスイッチをつけた。目的はノーパソのアクティブウィンドウの切り替えだから、スイッチは1つでいいはずだが、何か思いついたときにまたスイッチを取り付ける加工をするのはイヤなので、余分に一つ付けておいたというわけだ。

スイッチの上にあるゴム上の部品は、SONYのオーディオコントローラ。これを使い出すと他社のオーディオを使う気がなくなるくらいのスグレモノ。機器選定にインターフェイスが如何に大事かという見本みたいな製品だったのだが、残念ながらSONYはカーオーディオから撤退、実に惜しい。余談だが、私はSONY製品はあまり好きではない。アイデアはいいが製品としての寿命や細かい作り込みが甘い気がするのだ、事実何度SONYタイマーに泣かされたことか。しかしカーオーディオは今まで何度もSONY製を買ったが、寿命という点で裏切られたことはほとんどない、部門ごとの考え方が違うのか、車載ということでそれなりにちゃんと作りこんでいるのか、SONYのカーオーディオはアイデアも品質も本当によかったのだ。

Uragawa

コラムカバーの裏側はこんな感じ。左下の白い部分がスイッチの取付部。2mm厚のスチロール板(プラ板)を加工した物。USBインターフェイスキットの基板を、ソケットを使ってユニバーサル基板に取り外しできる形で取り付けたのだが、おかげで結構な厚みになってしまったのが反省点。ハンドルコラム内は意外と場所がなくて、厚みのある基板が入るスペースが無い。ついでに、USBケーブルの取り外しもしたいよなぁ、とか考えると結構頭が痛い問題。

で、あれこれ試行錯誤しながら思いついたのがここ。奇跡的にここなら基板が収まりそう。写真左上の液晶画面は自作したDCCDコントローラの表示部分。こんなことやってるからスイッチの場所がなくなって、ハンドルのコラムカバーを加工せざるを得なくなるのだ。

Kokohadouda

ただ、このままではコラムカバーが邪魔なので、切断切断。車で検討して、部屋で加工するために白く印を付けているのがわかるだろうか?

Nantokaireta

切りかきを作ったら、今度は基板の固定。アルミ板をL字に曲げて金具を自作しこれ無カバー内側に固定。

Kotei

基板をこんな形に入れるだけのスペースがあったというのも奇跡的。そしてそのスペースを見つけた俺スゲー。

Dekita

で、これで完成。ハンドルコラム脇にUSBケーブルを挿すことができる。この位置なら、ハンドルのチルトを動かしても問題ない。使いやすそうだしまとまり感もまずまず。USBコネクタ周辺にホコリが溜まるのが心配なので、後でカバーでもしたいところ。

さて、あとは実際に使ってどうか、だな。幸い、スイッチの機能はパソコン側でいくらでも再設定できるので、2つのスイッチにどのような機能を割り当てると便利なのかは今後いろいろいじりながら探っていこうと思う。

|

« 黒部峡谷トロッコ鉄道 [富山] | トップページ | HID切れた »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/51770030

この記事へのトラックバック一覧です: 運転しながらパソコンをいじる:

« 黒部峡谷トロッコ鉄道 [富山] | トップページ | HID切れた »