« 2001年度アニメ | トップページ | 運転しながらパソコンをいじる »

2011年5月19日 (木)

黒部峡谷トロッコ鉄道 [富山]

ゴールデンウィークに、黒部峡谷鉄道に乗りに行った。今年は、例年よりも雪が多く、そのためゴールデンウィークになっても全線開通できず、途中駅の鐘釣までしか開通していないらしい。それでもやっぱり乗りたかったのだ。

黒部峡谷鉄道は、もともと黒部峡谷における電源(水力発電所)開発のための物資及び作業人員を運ぶための物だったものを観光列車として転用したものである。秘境を走るトロッコ列車からの車窓はさぞかし絶景だろう。

黒部峡谷鉄道は宇奈月温泉から出ている。この宇奈月温泉も関東からはなかなか行きづらいところで、木崎湖で聖地巡礼を済ませてから数時間車を走らせ続けてようやくたどり着いた。トロッコ鉄道ということで、木造の古い駅舎を連想していたが、宇奈月温泉の駅は近代的で大規模であった。

Eki

トロッコ列車は、事前の予約が必要であるとのことで、満員を予想していたが、意外にも空席が多く、のんびりと車窓を楽しむことができた。私が乗ったのは普通車で、屋根はあるものの窓がなく新緑の風をそのまま楽しむことができた。

Yuhodou

出発してまもなく、かつてトロッコ列車が走っていた赤い橋は遊歩道として車窓を飾るアイテムとなっている。現在トロッコ列車が走る橋も赤く塗装されており、遊歩道から眺めるとこれまた壮大で美しい。

Dam

宇奈月ダムのダム湖の水はこのとおりきれいなエメラルドグリーン。ここからさきは峡谷沿いの景色が広がる。

Eki2_2

ここは宇奈月の隣の駅(名前は忘れた)。列車も停車せずにそのまま通過してしまったが、西洋の塔のような建物のバックに雪山が見える景色はヨーロピアンな感覚。

Surechigai

途中で列車のすれ違いがあった。一見すると普通の電気機関車に見えるが、サイズはえらく小さく、トロッコサイズ。

Kikansya

今回の終着駅「鐘釣」。人との大きさを比べるとトロッコ電車の小ささがわかるとおもう。

Kanban

鐘釣駅の看板。この先に小屋平があり欅平の駅がある。機会を見つけてリベンジしたいぜ。

Kaneturi

鐘釣駅はそれなりに土産物屋などが充実しているが、それでも狭い印象。でも、ゴールデンウィークということもあって賑やかだ。

Yuhodo

駅から、僅かな遊歩道があるが、そこから峡谷を覗き込むと緑色の水が流れている。本当にここは水が綺麗だ。

Mannenyuki

遊歩道の展望台から見た万年雪と峡谷の水。終着駅でやることがないので、景色を眺めていました。たまにはこういう時間を作らないとね。

というわけで、次回は終点欅平まで行ける時期にリベンジしたいものだ。

|

« 2001年度アニメ | トップページ | 運転しながらパソコンをいじる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒部峡谷トロッコ鉄道 [富山]:

« 2001年度アニメ | トップページ | 運転しながらパソコンをいじる »