« ドライブシャフトの交換(4) | トップページ | 自転車のハイテク化? »

2011年4月18日 (月)

ノーマル戻し

車の車高調がそろそろ、というより既にオーバーホールの時期を過ぎており、そろそろメーカーがオーバーホールのサービスをやめそうな雰囲気も漂ってきたので面倒くさいとか言っていられなくなってきました。

そこで、車についている車高調(BUDDY CLUBのRACING SPEC DAMPER)をメーカーに送るのですが、その間一時的にノーマルの足回りに戻す必要があり、今日はその作業をしたというわけです。

足回りの交換自体は慣れればそれほど難しくもないのですが、車高調とノーマルの足回りは長さが5cmくらい違うので、フロントはフロントで両方持ち上げて左右を一緒に、リアはリアで左右を一緒に交換するようにしないとかなり大変な目にあいます。例えば、右後ろに前兆の短い車高調がついた状態で、左後ろにノーマルの長い足を入れようとすると、ナックルの位置が高すぎてノーマルの足とねじ穴の位置を合わせることが出来ないのです。

ラテラルリンクなどのリンク類は自由に動くのですが、スタビライザの働きでナックル位置が制限されるのが原因で、人力でナントカできるほどスタビライザは柔らかくないので何をやってもダメ。素直に左右の車高調をいっぺんに取り外してからノーマルの足を取り付けるようにするか、スタビライザを外すかという二択を迫られることになるのです(もっと方法はありそうなので二択ということはないのかもしれませんが)。

で、それをすっかり忘れていたんですね。「どうしよ、これ」状態でしばらく考え込んでました。で、スタビライザを外しかけたときに気づいて「あ、そうだったよ。何で思い出せなかったんだろ」って。

わかってしまえばあとは手順どおり作業するだけなんですが、ここでフロアジャッキの油が足りなくなってくるというアクシデントがあり、リアだけノーマルに交換した状態で近所のホームセンターに行き、ジャッキの作動油を購入してきました。結構エア抜きの手順が面倒だったりしましたが、一応使えるようになりました。それにしても、このフロアジャッキのシールも甘くなっているようでオイル漏れがあるのでジャッキのオーバーホールもしなければならなさそうです。はぁ...買いなおそうかな...安いものじゃないんですが。

そんなこんなで、結局丸一日かかってしまいました。

それにしても、久しぶりのノーマル足。乗り心地はいいし、たまにはノーマルもいいものです。でも、前上がりでカッチョ悪い。

|

« ドライブシャフトの交換(4) | トップページ | 自転車のハイテク化? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーマル戻し:

« ドライブシャフトの交換(4) | トップページ | 自転車のハイテク化? »