« 成田「ぽんこつ亭」 | トップページ | 第6回車載動画オフin静岡に行ってきた »

2011年3月 4日 (金)

板金加工機がやってきた

先日注文した板金加工機がやってきた

今回購入したのは、Mr.Meisterのミニシャーベンダー MSB-8。名前の通り板材の切断と曲げ加工をするためのもの。板金機といっても特別な動力はなく、手の力で切断や曲げを行う。加工板厚はアルミで最大1.5mm 真鍮などで最大1mm、ステンレスで0.4mmだそうで能力的にはそう高くないものの、これで十分なケースも驚くほど多い。これでお値段は5万円しない。

これを選んだのは、とにかく作りがコンパクトで工作室の場所を食わないからである。大きさを問題にせず、能力とコストパフォーマンスで選ぶのであれば、ベルメックスの板金加工機3-in-1 305型がいい。この機械なら、2mmのアルミ板の切断、曲げが行える。このくらいのスペックであれば趣味の板金に関してはほとんど不満はでないと思う。

板金って、バンドソーとドリルがあれば工夫次第で何とかなるものだが、こういう専用の道具を買うとスピードと手間が違う。それに、道具をそろえると板金が楽しくなるんだよな、趣味の世界ではこれが一番大きい。

さて、実際にモノが届くとやはり重たい。カタログによると14kgだそうだが、鉄製で密度が高い分余計に重く感じる。ズシっと。簡単な組み立て作業が入るが、問題ないであろう。

Bankin

実際にアルミ板を切断してみた。アルミの厚さは1.5mm

Test_cut1

このように刃のところにアルミ板をセットし、レバーを倒すとパツンとアルミ板が切れる。バンドソーを使うよりも早く、バンドソーを使うよりも切り口が綺麗なので板金では重宝する。

次は曲げのテスト加工。先ほどの切れ端をベンディング用の台の上に乗せる

Test_bend1

あとはハンドルを倒すだけだが、板金機が地面に固定されていないので力がかけにくい。やはり少し大きめの板に板金機を固定しないと少し苦しいようだ。ここの部分が私が心配していた部分、機械がコンパクトでも力をかけるために大き目の板に固定するのではコンパクトさの利点が半減する。

しかし、下に板をつけなくてもそのままで思った以上に能力を出してくれたし、値段もそれなりなのでこれでヨシとしよう。

[追記] 購入後4年くらいしてから内部のボルトが折れたことによる不具合が発生した。修理の顛末はこちら

アマゾンでも似たようなものが手に入るようだ。同じ設計のように思えるがどこで作るかによって多少の品質の違いはあるかもしれない。

今回購入したのは上記の製品だが、コンパクトさのためにあと10万円ほど上乗せできるのであれば、私はこちらの商品を薦める。以前の職場で付き合いのあった大学の研究室で使ったことがあるが、レバーの力がより少なくてすむ機構が内臓されているので機械そのままで能力をフルに使うことが出来る。これは本当に使いやすい...でも高い。

また、曲げた部品を外しやすくするためか、ベンダーの構造が片持ちになっているのも魅力。これで構造的に大丈夫なのか心配になってしまうのだが。

 

[追記] この機種を職場で導入して使用してみたが、2年くらい使った頃に倍力装置内でラチェットの爪が外れる不具合が出た。機械の分解組み立てに慣れている人であれば、分解してラチェットの爪を組み付け直すことも可能である。

場所に余裕があるならこのタイプのものが良いと思う。ベルメックスのものと似たような設計だと思うが、これは購入および使用実績がないので自己責任で。ちなみに、ベルメックスの製品に関しては別の職場で購入して使用していたが不具合の類はなかったと思う。

|

« 成田「ぽんこつ亭」 | トップページ | 第6回車載動画オフin静岡に行ってきた »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板金加工機がやってきた:

« 成田「ぽんこつ亭」 | トップページ | 第6回車載動画オフin静岡に行ってきた »