« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

車載用、ブレ対策マウントの実験

頼んだドライブシャフトのブーツが来ない。ディーラーの人によると震災の影響で物流も滞っているから納期がいつとは言えない、と言われてはいたけど、発注から1週間近く経つのに納期に関する連絡もないとは...

で、ネタがないので、車載動画撮影用の手ブレ防止のための実験について書いておく。

以前、ブレ防止を目的としてピッチ軸まわりをフリーにしたマウントを製作した。

関連記事: http://e-n.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-7f2c.html

マウントを製作(実際はそれまでのマウントに手を加えたのだが)したものの、試験撮影の機会があまりなかった(実は前回のオフ会でも少しだけ使ってみた)ので、今回のオフ会の帰り道に使用してみた。

このマウントの狙いは、カメラのピッチ軸周りの動きをフリーにし、重量バランスをとることで、カメラ自体の慣性質量を使って車の動きに左右されにくくする、ということである。そのため、カメラの向きをセンターに戻すためのバネもかなり弱くするなどの工夫をしたのだが、実際の運用試験で、それらの工夫は無用のものだったようだ。

というのも、カメラの電源ケーブルが一種のバネとして機能してしまい、結果、バネ力に対して減衰力が足りない状態になってしまったのである。そのため、カメラの振動のおさまりが悪く、映像にゆれが残ってしまうのだ。

一方で振動の周波数が低くなり、カメラの動きそのものは遅くなったような気がする。このあたり、一度電源ケーブルを使わず、カメラのバッテリーのみで撮影実験してみて、効果を見ようと思う(一番最初にすべきだったな、これ)。

今後は、カメラの電源ケーブルがあることを前提にして適切な減衰力をいかにして与えるかということだが、現在のところゲル材料を使ってみようと考えているが、ゲルってなんとなくだけど振動エネルギーの散逸にはあまり向かないんじゃなかろうか、とか一抹の不安も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

東北関東大震災関連の車載動画

東北関東大震災から2週間経ちました。今更ではありますが、被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

ニコニコ動画の車載動画でも、震災関連の映像が投稿されています。地震の瞬間がどうだったのか、被災地がどういう状態なのか、そんなことを記録として残している動画を紹介しようと思います。

一応、ニコニコ動画で全部チェックしたつもりですが、抜けがあることも十分考えられますので、そこはご勘弁を。また、連続シリーズになっているものは、最初の動画のみを紹介します。それから、報道番組を投稿したものについては重複などありましたので、どちらか片方を紹介しました。

まずは、地震の瞬間を撮影した動画

私も、被災後帰宅難民となってこの辺りを歩きました。船橋付近はそうでもありませんでしたが、浦安辺りは埋立地ということもあり、液状化で車道が波打ったり、歩道が陥没したり、泥水が出ていて歩道が歩けなかったりと厳しい状況でした。 浦安付近の動画も投稿されてましたので、後で紹介します。

これは、千葉県の旭市で、車に乗っているときに津波被害を受けたというもの。堤防を乗り越えた海水が車を持ち上げる様子を車内から撮影したもの。動画撮影した人は無事助かったようでなによりです。

地震の揺れを感じることができるかと思います。私は地震当時千葉にいましたが、あまりの揺れの大きさに体調が悪くて立ちくらみでも起こしたのかと勘違いしたくらいです。

次は、地震の後の風景を紹介した動画を紹介します。被災地の様子など生々しいものもありますが、こういう風景を記録として残しておくことは有意義だと思います。

震災後の停電あるいは計画停電にまつわる動画です。普段、我々がいかに明るい街に生きているかを感じることが出来ます。停電の瞬間をとらえた動画もあります。

復旧まで時間がかかると思いますが、そのときに、これらの動画を見ながら「あのときは大変だった」と語れるときがくることを信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

ドライブシャフト交換(2)

ドライブシャフト交換の進捗。

全然進んでないけど、ここまでの顛末。

届いたドラシャを分解して、ディーラーで手に入れたブーツを取り付けようとしたがどうにもサイズが違うように思える。そこで、品番などの確認をしたが手元のブーツはD型ともE型とも違う。

で、チラと納品書を見ると(部品の品番までは書いていないので普段は見ない)、車種欄にC型の形式が記載されてる。車検証を渡して注文したのにそりゃないぜ。改めてC型のブーツを調べてみると手元のブーツの型番と一致したので原因確定。

ディーラーに行って、型違いの部品が届いていたことを話し、せめて封を開けていない部品だけでも返品できないかと交渉。先方は申し訳なく思ったらしく、封を開けてしまった部品に関しても引き取って正しい部品を渡したいとのこと、こちらとしてもそれはありがたい。

で、新たに注文する部品に関しては先方に調べさせるとミスが出る恐れがあるし、そのミスに対してこちらも責任の一端を背負うことになるので、今度は自分で調べて手元にあるE型用のドラシャ用の部品を改めて注文した。私の車はD型だが、ドラシャはE型なのだ。

で、新たに届いた部品を見るとやっぱり違う。今度はD型のものが届いている。私がわざわざ紙に印刷して渡したのに、今度は車検証の型番から調べてくれたらしい。

で、E型のシャフトにD型のブーツが取り付けられそうか聞いてみたところ「無理だと思う」とのこと。D型のブーツはゴム製だがE型は樹脂製。そこで、届いたブーツは使わずに新たにE型用のブーツを発注。勿論D型用はそのまま返品ということになった。

一連のやり取りの中でいくつか得られた知識がある。

C型のホイール側ブーツは樹脂製でE型のホイール側ブーツも樹脂製だが、D型用はなぜかゴム製。

D型用のホイール側ブーツにあるジャバラの谷間には金属製のリングが入っている。ブーツの変形をある程度拘束することで寿命を延ばすことが目的だと思う。

E型用のホイール側ブーツを固定するバンドはD型のものと異なりかしめるタイプ。ディーラーの人の言葉によると、締め付け力が違うらしい。従って、D型用の引っ張るタイプのバンドはE型用のブーツには使えない。

使用グリスはホイール側とミッション側のジョイントとで異なるものを指定していたが、最近ではどちらも同じものを使用するようにしているらしい。ゴムや樹脂部品への攻撃性について訪ねたが、今のグリスは問題なく使えるとの事。

で、今から頭を抱えている案件。

かしめるタイプのバンドは締め付け作業に特殊な工具がいるらしく、それを使わないでかしめるのはかなり難しいという。どうしよう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

ドライブシャフト交換(1)

最近、右フロントから異音が聞こえるようになった。異音といってもいつも聞こえるものではなく、ちょっとした加減速のとき、停止間際の弱いブレーキングのときなどに気になるような、ささいなものである。

場所のあたりがついていたので、先日ジャッキアップしてみると、右フロントのドライブシャフトのブーツが千切れていた、ホイール側が。そういえば、と思い当たるフシがあって、1月ごろ千切れたのかなぁ、と考えると既に2ヶ月以上放置していることになる。

とすると、グリスが切れて内部の等速ジョイントにダメージが及んでいるかもしれない。また、車からドライブシャフトを降ろして、一度バラしてブーツを付け替えてなんてことはしたくない。できれば、換えのドライブシャフトを用意しておいて、古いドライブシャフトと交換、というスタイルにしたい。

そこで、ヤフオクでドラシャの出物を探すことにした。すると運のいい事にSTi Ver.4のものが出ていたので、それを落札。

折角なので、ブーツも交換しようとのことでディーラーにブーツを注文しておいた。

Dorasya1

ドライブシャフトが届いた。

Vboots

ブーツも届いた。ただ、ミッション側とホイール側とでは違うグリスを使うんじゃないか?スバルのパーツカタログソフトでは細かく検索しないとこのグリスの違いが判然としないので、きっと店の人が同じものだと勘違いしたに違いない。私も物が来てから調べてようやく分かったのだ。

ドライブシャフトは、ハブに差し込むスプラインに若干サビが浮いていたので、クレ556でブシュブシュしてやった。困ったことがあったら、とりあえずクレ556を噴いてみると何とかなるケースが多い。こんなに綺麗になった

before

Dorasya2_2

after

Dorasya3

一応やってみるものである。

このままでもドラシャは使えるけど、既に10万km以上走った車から取り外したものらしいので、折角だからブーツを交換しときましょう。と、ドラシャを分解したら意外な展開に。

STi Ver.3のフロントのドラシャのミッション側はボールによって回転を伝えるタイプのDOJ(ダブルオフセットジョイント)だが、出てきたのはトリポートタイプ。D型の2000ccNAかターボのAT仕様のみの部品だと思っていたが、E型からはSTiバージョン(Ver.4)もこのタイプなのか?

というわけで、とりあえず作業はここまでにして調べ物をすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

非常時の情報端末

3月11日に起こった東北関東大地震はすごい揺れでした。たまたま出先で被災したわけですが、震源から離れた浦安(ディズニーランドのあるところ)にあっても立っているのが困難なほどの揺れでした。

で、大きな揺れを感じてから避難した後、一番最初の欲求が「この地震がどんなものなのか」という情報。具体的には、震源地、エネルギ、各地の震度といった地震のアウトライン的な情報を真っ先に知りたいと思うわけです。

ところが、これだけ大きな地震になると電話回線はパンク、携帯からはネットにもつながらないという事態になり、地震が起こってから最初の30分~1時間くらいの間でもっとも役に立ったのは、携帯のワンセグで受信したニュースだったりします。

その後、ネットにもつながるようになるので地震の詳細や時々刻々変化する情報を追うことが出来るようになるのですが、最初の不安を取り除く役目はやはりワンセグかな、と。

今まで携帯のワンセグ機能なんていらねー、って思ってましたが、こういうときは非常に役に立つことが分かりました。「いらねー」とか言ってゴメンなさい>ワンセグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

車の運転中に車載パソコンをいじるための実験

3月5日の車載動画オフに参加するにあたり、ノートパソコンで今ココなうで現在位置を送信しつつ、Twitterのタイムラインを表示させながら集合場所に向かうのが当たり前になってしまっているのだが、時々Twitterのタイムラインよりも今ココなうのクライアント画面の方を見たくなったり、あるいはその逆だったりということがよくある。

普段であればアクティブウィンドウを切り替えればいいわけだが、車を運転しながらだとかなり危険な操作で、Alt+Tab(あるいはAlt+Esc)を押すだけでも前方不注意モノである。危ねーよ>自分。

そのため、USBキーボードを膝の上に置いたりすることも試してみたが、結局キーがたくさんありすぎてハンドルに手を置き、前方を見たまま操作するには不都合なのだ。そこで、ボタンを押すとAlt+Tab(あるいはAlt+Esc)キーを押したのと同じ動作をするグッズがあれば便利だと感じていた。

今回、車載オフ会場で似たような(こちらはCtrl+Sだったが)機能のグッズを目にした。私もこういうのを作って、便利なツイッタードライブをエンジョイしたいところだが、ワンチップマイコンならまだしもUSBとのインターフェイスについては全く分からない。

そこで、ネットで調べていたら偶然知り合いのサイトにたどり着いてしまい、折角だからその彼に相談してみることにした。USBコントローラについての情報も教えてもらえたわけだが、それよりも収穫だったのが「その機能なら簡単に実現できそうなキットが出てますよ」とのこと。

http://btos.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=58

この製品の便利なところは、パソコン上から各スイッチの設定が決められる点と、カーソル移動にも対応している点である。自作すればもっとずっと安く出来るはずだが、テストということで時間を金で買うことにしよう。

キットの中身はこんな感じ

Kit2

これを、半田付けで組み立てていくのだが、半田付けにそこそこなれた人であれば15分くらいでできる。

出来上がりはこんな感じ

Dekita

実験はブレッドボード上にコイツを配置する、簡単だ。

Dekita2

ブレッドボード上にはArduinoの試作品などが乗っているのだが、今回は強引にブレッドボード上に空き地を作ってテストを行った。

結果は、Alt+Tabの設定は出来なかったが、Alt+Escであれば設定が可能だったのでアクティブウィンドウの切り替えガジェットは十分可能であることが分かった。

次回までにはスイッチ類を工夫して、カッコいい操作系を作り出してみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

イスカンダル到着

私の車の走行距離が148000kmになりました

Iskandar

イスカンダルに到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回車載動画オフin静岡に行ってきた

今週末は車載動画のオフ会に行ってきた。

最初の車載動画のオフ会から数えて今回が6回目ということで、参加者の数が200人を超える大規模なもので、こうなるとちょっとしたイベントだなという感じ。今までは、幹事さんの方で参加者の宿泊の面倒を見ていたのだが、今回は基本的に宿泊の面倒は見ず、昼間のイベントのみ仕切るという形になった。これだけ参加人数が多くなると、それだけの人数を収容できる宿泊施設の手配を同時にせねばならず、場所の選定という最初の段階から幹事さんに負担がかかってしまうので、今回のような方式が今後のスタイルの一つの大きな選択肢になると思う。

なんにせよ、今回のオフ会の企画から運営を行っていただいた幹事グループの方々、本当にお疲れ様でした。

いつもは、会場にたどり着く前にあれこれ寄り道を考えたりもするのだが、今回はネタ的なものも思いつかなかったので、普通に高速で会場に向かった。

会場は、浜松湖ガーデンパークの駐車場。広い駐車場に100台以上(これでも控えめな表現)もの車やバイクが集まって、参加者が思い思いのことをしているのがなんとも楽しげ。

昼食は各自自由とのことで、浜松市内の店に行くなどの企画があったようだが、私はちょっと違う昼食を楽しんだ。

用意したのは、サトウのごはんとレトルトカレー。

Karee1

先日購入したスクエアコッヘルを使えばサトウのご飯だって温められる。

Karee2

レトルトのカレーも温めて、ご飯にかけるとこれこのとおり。

Karee3

ごはんは、温めるのに結構時間がかかりますが、ご飯とカレーを温めるのに30分弱くらいみておけば大丈夫。そんなにかからないかな。会場で、一人カレー臭を漂わせてカレー食ってました。

また、昼食後は会場の端でひっそりと点火プラグの交換をしていた。プラグはもう寿命だし、広い場所で作業すると作業がはかどったので比較的すんなり終った。

会場内では、有志によるそれぞれ趣向を凝らした企画が開催されていた。下の写真は、全国から集まった参加者のうち、有志で地元(?)のお菓子を持ち寄って、他の参加者にふるまっていたりもしていました。私も少し頂きましたが、どれも美味しかった。ごちそうさまでした。

Oyatu

フリータイムの後は、中央の舞台(トラックの荷台)で幹事さんたちのトーク+ビンゴ大会。

Kaijyou1

Kaijyou2

痛タクシーも勢ぞろい。さすが、地元浜松だな。

Taxi

この3台の痛タクシー。デザインのフォーマットは統一されているものの、全部別のタクシー会社なんだそうで、グッジョブです。この企画も有志によるカンパで行われていたものですが、面白かったので私もカンパしてきました。

閉会後にはインプの叩き売りもやっていました。

Imp

GC/GFが意外と多く、GH世代はほとんどSTiバージョンなのもすごい。さらに意外なのは、GDが一台しかいなかったこと。丸目、涙目のインプが一台もいなかった。

解散後、私は浜松市内で給油を済ませた後、中央道経由で帰ったのだが、浜松から中央道に乗るまでがいろいろあった。

国道152号線は林道区間が冬季通行止めなので、途中で国道473号線→県道1号線を使って飯田に出るつもりだったのだが、国道152号線から直接県道1号線に入れるものと思い、何も考えず水窪の街中を抜けてしまったのだがこれがミス。その後、県道1号線で佐久間ダムから更に奥に進んだところで通行止め(後日聞いた話によると、通行止め看板の脇が抜けるとちゃんと全線通り抜け出来たそうだ)。仕方ないので、再び国道473号線に復帰し、そこから国道151号線で飯田に行き、しばらく中央道沿いの道を走った後、松川ICから中央道に乗った。

私なりに感じたことをまとめると、車載動画オフ第1回の頃と比較すると車載動画に関する情報交換の場という側面はかなり薄れた感じがする。これは、必ずしも悪いことではなく、車載動画をきっかけにした集まりの中で、それこそ多種多様な車の持ち主が集まって、車の楽しみ方をお互いに伝えていければ、車遊びがますます楽しくなると思う。車載オフのフリータイムの雰囲気を見ていると、そのうち新しい車やバイクの楽しみ方が生まれてくるかもしれない、そんなふうに感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

板金加工機がやってきた

先日注文した板金加工機がやってきた

今回購入したのは、Mr.Meisterのミニシャーベンダー MSB-8。名前の通り板材の切断と曲げ加工をするためのもの。板金機といっても特別な動力はなく、手の力で切断や曲げを行う。加工板厚はアルミで最大1.5mm 真鍮などで最大1mm、ステンレスで0.4mmだそうで能力的にはそう高くないものの、これで十分なケースも驚くほど多い。これでお値段は5万円しない。

これを選んだのは、とにかく作りがコンパクトで工作室の場所を食わないからである。大きさを問題にせず、能力とコストパフォーマンスで選ぶのであれば、ベルメックスの板金加工機3-in-1 305型がいい。この機械なら、2mmのアルミ板の切断、曲げが行える。このくらいのスペックであれば趣味の板金に関してはほとんど不満はでないと思う。

板金って、バンドソーとドリルがあれば工夫次第で何とかなるものだが、こういう専用の道具を買うとスピードと手間が違う。それに、道具をそろえると板金が楽しくなるんだよな、趣味の世界ではこれが一番大きい。

さて、実際にモノが届くとやはり重たい。カタログによると14kgだそうだが、鉄製で密度が高い分余計に重く感じる。ズシっと。簡単な組み立て作業が入るが、問題ないであろう。

Bankin

実際にアルミ板を切断してみた。アルミの厚さは1.5mm

Test_cut1

このように刃のところにアルミ板をセットし、レバーを倒すとパツンとアルミ板が切れる。バンドソーを使うよりも早く、バンドソーを使うよりも切り口が綺麗なので板金では重宝する。

次は曲げのテスト加工。先ほどの切れ端をベンディング用の台の上に乗せる

Test_bend1

あとはハンドルを倒すだけだが、板金機が地面に固定されていないので力がかけにくい。やはり少し大きめの板に板金機を固定しないと少し苦しいようだ。ここの部分が私が心配していた部分、機械がコンパクトでも力をかけるために大き目の板に固定するのではコンパクトさの利点が半減する。

しかし、下に板をつけなくてもそのままで思った以上に能力を出してくれたし、値段もそれなりなのでこれでヨシとしよう。

[追記] 購入後4年くらいしてから内部のボルトが折れたことによる不具合が発生した。修理の顛末はこちら

アマゾンでも似たようなものが手に入るようだ。同じ設計のように思えるがどこで作るかによって多少の品質の違いはあるかもしれない。

今回購入したのは上記の製品だが、コンパクトさのためにあと10万円ほど上乗せできるのであれば、私はこちらの商品を薦める。以前の職場で付き合いのあった大学の研究室で使ったことがあるが、レバーの力がより少なくてすむ機構が内臓されているので機械そのままで能力をフルに使うことが出来る。これは本当に使いやすい...でも高い。

また、曲げた部品を外しやすくするためか、ベンダーの構造が片持ちになっているのも魅力。これで構造的に大丈夫なのか心配になってしまうのだが。

 

[追記] この機種を職場で導入して使用してみたが、2年くらい使った頃に倍力装置内でラチェットの爪が外れる不具合が出た。機械の分解組み立てに慣れている人であれば、分解してラチェットの爪を組み付け直すことも可能である。

場所に余裕があるならこのタイプのものが良いと思う。ベルメックスのものと似たような設計だと思うが、これは購入および使用実績がないので自己責任で。ちなみに、ベルメックスの製品に関しては別の職場で購入して使用していたが不具合の類はなかったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

成田「ぽんこつ亭」

今回は珍しくラーメンの話。

私はラーメンといえば博多ラーメンが好きで、とくに麺を固めで注文するのが好きである。本格的な博多ラーメンの店では、固め→バリかた→ハリガネ→粉落し、とランクがあり、粉落しになると麺を茹でるというより麺を湯にくぐらせる程度の茹で時間だから、麺は相当固い。

で、私は固い麺が好きで、最近は粉落としで注文できるところは粉落しを注文する。

そういう博多ラーメンを粉落しで食べさせてくれる店が地元にないものか、と探してみると意外に近場で見つかった、それが今回紹介する「ぽんこつ亭」である。

ぐるなび : http://rp.gnavi.co.jp/6094489/

ここを紹介する前に、まず高田馬場の大分宝来軒と、同じく高田馬場の風龍について話をしたい。丁度、今回のぽんこつ亭の紹介には、この2店のラーメンが比較として丁度いいのだ。

私は最近まで、大分宝来軒を愛用していた。ここで自分の好みの麺の固さを追い求めた結果、粉落しに行きついたのである。いわば、博多(大分だが)ラーメンの基本と自分の好みはこの店がベースとなっていると言っていい。

食べログ 大分宝来軒: http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13020244/

大分宝来軒の特徴は、本場の臭みを残した旨みの濃いスープである。細い麺によくからみ、クセがあるけどやめられない。自重しないと全部飲み干してしまう、そんなスープだ。

ところが、今年に入ってこの店が急になくなってしまったのだ。この場所には別のラーメン屋が入ってしまい、大分宝来軒のラーメンを食べることが出来なくなってしまった。

そこで、新規開拓ということで行くようになったのが高田馬場駅前の風龍というわけである。

風龍HP: http://fu-ryu.net/

こちらの店の特徴は、臭みのないある種上品な味わいのスープである。こちらの店でも粉落しの麺を注文できるので大満足なのだが、替え玉を食べ終えた後、スープがやめられなくなる、ということはない。これが不思議なところで、クセがなく飲みやすいはずのスープだが、病み付きにはならないのだ。

話をぽんこつ亭に戻すと、ここのラーメンは一言で言うと大分宝来軒と風龍のいいトコ取りである。油ギトギトの本格的なとんこつスープでありながら臭みがなく、最後にかけるマヨネーズ(かな?)のおかげで旨みが香り立つといえばいいのか、とにかく人を選ばないのだ。

にもかかわらず、濃厚なスープで一度食べ始めたら止まらない。最近太りはじめているので自重しなければ最後の一滴まで飲み干してしまうところだ。

麺は、カタ麺→バリかたまでだが、もう少し固くと注文することも出来る。替え玉はバリかたでも十分な固さで、私も満足できた。

なによりも、出先でなく地元で本格的な博多ラーメンが食べられるのは嬉しい。これは、楽しみがまた一つ増えたぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

板金加工機

ずっと欲しいと思っていた小型の板金加工機を注文した。5万円弱の安いやつ。

倍力機構がついていないので一抹の不安をかかえつつ、使える機械だったらいいなぁ。

機能的にはベルメックス社の板金加工機3-in-1 305型がいいのだが、値段の割にスペックも高く、申し分ないのだが大きいのが玉に瑕。あれでコンパクトなら言うことないのだが。

さ、楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »