« 非常時の情報端末 | トップページ | ドライブシャフト交換(2) »

2011年3月21日 (月)

ドライブシャフト交換(1)

最近、右フロントから異音が聞こえるようになった。異音といってもいつも聞こえるものではなく、ちょっとした加減速のとき、停止間際の弱いブレーキングのときなどに気になるような、ささいなものである。

場所のあたりがついていたので、先日ジャッキアップしてみると、右フロントのドライブシャフトのブーツが千切れていた、ホイール側が。そういえば、と思い当たるフシがあって、1月ごろ千切れたのかなぁ、と考えると既に2ヶ月以上放置していることになる。

とすると、グリスが切れて内部の等速ジョイントにダメージが及んでいるかもしれない。また、車からドライブシャフトを降ろして、一度バラしてブーツを付け替えてなんてことはしたくない。できれば、換えのドライブシャフトを用意しておいて、古いドライブシャフトと交換、というスタイルにしたい。

そこで、ヤフオクでドラシャの出物を探すことにした。すると運のいい事にSTi Ver.4のものが出ていたので、それを落札。

折角なので、ブーツも交換しようとのことでディーラーにブーツを注文しておいた。

Dorasya1

ドライブシャフトが届いた。

Vboots

ブーツも届いた。ただ、ミッション側とホイール側とでは違うグリスを使うんじゃないか?スバルのパーツカタログソフトでは細かく検索しないとこのグリスの違いが判然としないので、きっと店の人が同じものだと勘違いしたに違いない。私も物が来てから調べてようやく分かったのだ。

ドライブシャフトは、ハブに差し込むスプラインに若干サビが浮いていたので、クレ556でブシュブシュしてやった。困ったことがあったら、とりあえずクレ556を噴いてみると何とかなるケースが多い。こんなに綺麗になった

before

Dorasya2_2

after

Dorasya3

一応やってみるものである。

このままでもドラシャは使えるけど、既に10万km以上走った車から取り外したものらしいので、折角だからブーツを交換しときましょう。と、ドラシャを分解したら意外な展開に。

STi Ver.3のフロントのドラシャのミッション側はボールによって回転を伝えるタイプのDOJ(ダブルオフセットジョイント)だが、出てきたのはトリポートタイプ。D型の2000ccNAかターボのAT仕様のみの部品だと思っていたが、E型からはSTiバージョン(Ver.4)もこのタイプなのか?

というわけで、とりあえず作業はここまでにして調べ物をすることにした。

|

« 非常時の情報端末 | トップページ | ドライブシャフト交換(2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライブシャフト交換(1):

« 非常時の情報端末 | トップページ | ドライブシャフト交換(2) »