« ワンフェスを休んで | トップページ | 今年も »

2011年2月 8日 (火)

ワンフェスで思い出して

ワンフェスで思い出したので、昔に作ったフィギュアを晒してみようと思う。

エヴァンゲリオンは1995年10月から放映されたが、放映当初から一般の人に知られていたわけではなく、一般に知られるようになったのは例の最終2話の問題が大きく取り上げられ、それが結果的に知名度を上げたのだ。おかげで、エヴァ関連商品の盛り上がりは1996年の番組終了後に活発になるのだが、フィギュアに関して言えば綾波とアスカとミサトさんが中心で、それ以外のキャラは圧倒的に少なかった。

で、今でこそリツコさんのフィギュアは全く見ないが、当時はそれでも出来のいいフィギュアはあったんだよなぁ。で、それ以外のキャラ、マヤちんとイインチョは立体化に恵まれなかったのよ。

でも、ワンフェスに行けば。そんな思いでゲットしたのがディフォルメのイインチョ。

Iincho_1a

ディーラー名は忘れてしまったが、結構いい感じだったので思わずゲット。気泡が多くて苦労したが造形は全体的に良好。とはいえ、足首とか細かいところは結構いじってるけど。おさげ髪の飾り玉はキットのものを使用せずマチ針の玉を使用、いいアイデアだと思うんだが...

Iincho_5a

次はワンフェス関係ないけど折角だから、コトブキヤの委員長。エヴァのキャラじゃなくてToHeartの委員長。

Iinchou_3a

これは先ほどのイインチョの次に作ったもので、ようやく自分の仕上げ方が見えてきたころのもの。パッと見は分かりにくいが色々と実験的な試みを盛り込んでいる。土台はハンズかどこかで購入したガラスを使用、肌の塗装は蛍光塗料を中心とした仕上げでそれまで以上に透き通った肌色を出すことが出来るようになった。にしても、コトブキヤのキットは本当に作りやすい。出来がいいので、顔をちょこっといじった以外はストレート組。

Iinchou_10a

コトブキヤのキットのいいところは、メガネをエッチングパーツで作ってくれてるところ。今では当たり前だが、当時としてはかなり珍しかったのだ。目は、通常の塗装の後でクリアを重ね塗りして物理的な凹凸をなくした。結果として目に艶が出て非常に美しい仕上がりとなったので、以後製作したものは全て目にクリアーを重ね塗りが基本仕上げとなっている。

Iinchou_11a

メガネは外すことも可能で、メガネを外すとどことなくあかりにも似ている気がする。まぁ、基本的に同じ顔だからね。

さらに折角なので、こちらは同じくコトブキヤの私服版委員長。当時PS版ToHeartで初めて私服版委員長を見て、思わず「反則だろこれ」とつぶやいてしまった。PC版には私服版のグラフィックがなかったみたいなので、PC版から入った人も驚いていたようだ。

キットの出来はいいんだけど、原型師が違うと体格も全然違うのがフィギュアの面白いところ。

Iinchosi_2a

このキットはあちこちいじってる。まず左手のポーズを変えて、足はふくらはぎをかなり削って細くしている。カバンの取っ手は本物の革に換え、ネックレスは100円ショップで購入したピアスを加工してものに交換した。土台は完全新作で、背後のレンガはドールハウス用のもの、植え込みの木は熱帯魚用水槽飾りを改造したもので、実は土台の方が手がかかっている。スカートのチェック模様はキットのインストに従いマスキング塗装で、ラインは全てフリーハンド、もう二度と出来ないと思うね。

PS版ToHeartのCGに近いアングルでの一枚。

Iinchosi_1a

さらに別のアングルから一枚。

Iinchosi_8a

フィギュアは見る方向によって表情が異なるのが面白い、これが立体物の楽しさの一つだと思う。カバンの取っ手を革に換えることについては賛否両論あると思う。本物の革の質感は、1/8の世界における革の質感とは異なるからである。

それでも、あえて革を使用したのは、模型を見るときの人間の目の質感感と言おうか、同スケールでそこに本物があったとするとこんな質感なんだ、というテクスチャーを散りばめておくことを重視したかったからである。

スケールが異なるが、飛行機の模型などで、その縮尺では絶対に見えないであろうパネルラインやリベットをオーバースケール承知で再現するのと同じと考えると分かりやすいかもしれない。見えないけれども「そこにあるんだ」という情報を何らかの形で盛り込むのが、ちっぽけではあるけれども模型の世界観を広げると思う。

最近はフィギュアどころか模型を全然作っていないが、こんなこと書いていたら、また作りたくなってきた。どうしよう...

« ワンフェスを休んで | トップページ | 今年も »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504245/50808217

この記事へのトラックバック一覧です: ワンフェスで思い出して:

« ワンフェスを休んで | トップページ | 今年も »