« 路面凍結 | トップページ | Arduino基板 »

2011年2月16日 (水)

氷上のEV

女神湖の氷上走行会に行ったときのこと。ひときわ目立つ一台の車があった。

Tesura1p

テスラ・ロードスターです。最初見たときはロータスかと思ったけど、後ろに「Tesla Roadstar」って書いてあってびっくり。電気自動車かよぉ、これは新鮮だ。

にしても、カッコいいじゃねーか、これ。

Tesura2p

あまりに珍しい車だったので、普段引っ込み思案の私も思わず近くで写真撮らせてもらいました。少し話を聞いてみたのですが、東京から松本経由で女神湖に来て、300km位走ったとのこと。まぁ、300km走れれば実用にはなるかな、あとは充電ポイントの問題だけど。

充電ポイントの設置についてもテスラ社は動いていて、この車を買えるような金持ちが来そうなホテルなどにコンタクトをとっているとのこと。実際、こんな車を今買えるような人は金持ちで、こんな車を買うのは遊ぶために決まってるから高級ホテルに目をつけるのは悪くないと思う。

雪の上を音もなく走るEVスポーツでの氷上走行は、今までにない新感覚なのだとか。車が雪を踏みしめ、氷の上をタイヤが滑る音だけが聞こえるさまは、スキーのようだとのこと。

あー、金持ちになったらこういう車欲しいな。

つか、電気自動車用のモータ、バッテリーなどのコンポーネントがバラバラに安く手に入るようになるといいな。そしたら自分のオリジナルボディで車を作れそう。多分そういうのって楽しいと思う。

で、氷上走行のほかの参加車というと、今回はインプ率高し。インプレッサの叩き売りである。

Tatadiurip

一番手前のワゴンが私の車ね。

|

« 路面凍結 | トップページ | Arduino基板 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷上のEV:

« 路面凍結 | トップページ | Arduino基板 »