« オイル交換 | トップページ | ブッシュの打換え問題 »

2010年12月20日 (月)

車内の整理

私は部屋でも車でも整理整頓が不得意である。

ところが、ドライブの楽しみを広げるために車に色々と積んでいるうちに、車内の荷物の収集がつかなくなってきた。そこで、車内の荷物の整理を行うことにした。

まず行ったのが、車載工具の仕分けである。私は出先でもある程度の整備を行うことが出来るように車についてきた工具のほかに、色々な工具を積んでいる。ソケットレンチのセットや、ちょっとした予備部品、電動の空気入れなど、旅先であってもあれば重宝するようなものは積極的に載せてきたが、ここにきて「いくらなんでもこれはいらないんじゃないか?」というものが増えてきたからである。

例えばこんなもの

Pad640

これは、ブレーキパッドを交換するにあたり、ブレーキパッドを押し付ける油圧のピストンを押し戻すための工具である。当然、パッド交換のときにしか使わない。

こんな工具を積んでいると言うことは、予備(古くなった)ブレーキパッドを一台分まるまる積んでいると言うことにもなるのだが、それほど大きくはない部品とはいえ1台分となると無視できないくらいには大きい上に、上記の工具は形状的に結構かさばる。そもそも、旅行先でパッドが減りすぎてどうしようもなったことはなく、サーキットなど緊急的に必要になる可能性が高い場合以外に車載しておくメリットはない。

そんなわけで、予備パッド及びこの工具は車載工具における仕分け対象となった。

また、ステアリングのタイロッドエンドを外すための工具も車載していたが、これも、今までに一度しか使ったことがなく、常時車載しておく意味がないので仕分け。点火プラグも、交換によっていらなくなったプラグを予備として常時車載していたが、これも今までの使用実績ゼロであることから仕分け。

そんな感じで次々と仕分けした結果、車載の工具入れを2/3程度にダウンサイジングすることができた。

さらに、先日のエントリーで紹介した、携帯型のガスコンロなどはガスボンベや、トースターアタッチメントなどとともに100円ショップで買った樹脂製のケースに納めて持ち運びが楽になった。また、今までダンボールの中にごちゃごちゃ入れていた電気ポット、粉末コーヒーやインスタント食品などの食品類、紙コップや樹脂製のフォーク、車内清掃用のコロピタや髭剃り及び髭剃りジェルといった「車に住むための」グッズは、用途別にそれぞれ100円ショップの樹脂製のかごや袋に入れて整理し、車内が多少スッキリした。

これで、その時々のドライブに必要なモノ、必要でないものの積み下ろしが楽になり、また必要なときに必要なモノがすぐに取り出せる体制を整えることが出来た、と思う。

|

« オイル交換 | トップページ | ブッシュの打換え問題 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車内の整理:

« オイル交換 | トップページ | ブッシュの打換え問題 »