« ぼくたちの洗脳社会 | トップページ | 新緑の日光 [栃木] »

2010年5月29日 (土)

車載動画について

車載動画について考えたことを書いてみようと思う。もともとこのブログも、自分の車載動画シリーズの名前からとったものだし、車載動画そのものを扱った記事を書いておくのも悪くないと思ったからだ。

ニコニコ動画で車載動画を見て、ワクワクする感じとともに面白さを感じ、自分でもいくつかの動画を投稿してきたのだが、今にして思うと「自分はなぜ車載動画を面白いと感じたのか」という根源的な部分に明確な答えを出せていないような気がしているので、ふと思いついたことをここに書いておくことにする。

私が車載動画を見始めるきっかけとなったのは、かずさのすけさんの酷道152号線シリーズである。この動画から車載動画を見始めた人も多いだろうし、この動画を見て車載動画を作ろうと思った人も相当いたはずだ。それだけ、インパクトのある動画だったのである。

これ以前の車載動画は、サーキット走行などのドラテク研究用動画か、車窓の動画に音楽を載せたBGV的な作品が殆どだったのである。

この動画が、その後の車載動画の基本フォーマットを作り上げたといえるのだが、その大きなポイントは以下の通りだと私は考えている。

  1. 動画のオープニングと動画の内容の簡単な説明(私は勝手に「扉」と呼んでる)
  2. 酷道を一本丸ごと走る、というネタ的な内容
  3. 早送りとBGMの併用
  4. 面白スポットやネタスポットなどの写真を挿入して、実際のドライブ気分を演出
  5. 説明テロップの使用
  6. 等速再生と倍速再生の使い分け

3.と5.はそれ以前の動画にあったかも知れないが、この動画では「ネタ」として使っているところが今までとは異なる点。つまり、この動画は、車載動画をネタ動画として見ることができるように、というよりも最初からネタ動画として作られているところが、それまでの車載動画と異なっていたのである。

ネタであるからこそ、「何をやるか」「何をやったか」を説明するための扉が必要であるし、ネタだからこそ、動画の端々にネタを仕込んでいるのである。

とまぁ、そんな分析はさておいて。私が何故この動画を面白いと思ったかというと、それは「自分もここを走りたい」というドライブの動機付け、楽しいドライブを予感させる、そういうワクワクした雰囲気が動画の中に溢れていたからだ、ということになると思っている。

勿論、他の楽しみ方もあるだろう。例えば

  • 道路にまつわる歴史などの解説を楽しむ、お勉強動画としての楽しみ方
  • 投稿者の音楽的趣味を楽しむ環境動画的な楽しみ方
  • 一緒にドライブに行った気になる、というヴァーチャルドライブとしての車載動画
  • 旅行記としての楽しみ方
  • ネタ動画としての楽しみ方

しかしながら、私自身そういう面白さを認めつつも、動画を見ながらドライブに行きたくなるワクワクを感じない動画は次第に見なくなってしまうので、私にとって大事なのはやはり「ワクワク感」なのだろう。そして、その「ワクワク感」の正体は、動画がドライブの動機付けになりうるか否か、という点ではないかと思っている。

とりあえず、ここまで

|

« ぼくたちの洗脳社会 | トップページ | 新緑の日光 [栃木] »

車載動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車載動画について:

« ぼくたちの洗脳社会 | トップページ | 新緑の日光 [栃木] »