« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月18日 (日)

トラストのオイルクーラー移設

かなり以前の話だが、ここに書いておく。

トラスト(GReddy)のインプレッサ(GC/GF)用オイルクーラーキットは オイルクーラーコアを車体右側のバンパー内側に配置するようになっているが、 何故こんな配置にするのか疑問を感じる。

というのも、右側にオイルクーラーを配置するためには、吸気用のサクションボックスを切り落とさなければならず、面倒である上にアクセルオフでのプシュプシュ音も増大する。それにメーカーが意図した吸気システムを崩すのだから僅かとはいえ問題もあるだろう。

また、右側にコアを置くことにより、エキマニの合流部付近のゴチャゴチャとオイルクーラーへの配管が干渉しやすく、このあたりの取り回しはかなり頭の痛い問題である。特に、サードパーティー製の等長エキマニでその問題は顕著である。

そこで、クーラーコアを車体左側に移設することにした。こうすることで、上記の問題は一気に解決する。左側のフェンダー内はスカスカなので、オイルクーラー設置のために部品を切り落とす必要はなく、オイル配管も比較的ゆったりと配置できる。

しかしながら、この方法には一つだけデメリットが存在する。必要なホース長さが100~200mm程度長くなるので、製造原価が僅かとはいえ上がってしまうのだ。このあたりが、クーラーコアを右側に配置した理由なのかもしれない(んなわけないか)。

とは言うものの、実際にプライベートでこの作業を行うのはかなり面倒である。最初から左側に付くように作っておいてくれれば、と泣き言の一つも言いたくなる。

最初に行ったのが、各種ブラケットの自作である。アルミでできた導風板とクーラーコアを取り付けるためのブラケットを製作する必要がある。

導風板は、もともとキットにあったものと左右対称のものを製作する。下の写真は、新規に制作したものをクーラーコアに取り付けた状態で撮影。コアの左側に外れた状態で置かれているのがもともとあった導風板。材料は厚さ1mmのアルミ板(A5052)を使用した。

Doufuuban640

なお、写真のクーラーコアは、キットのものではなくEARL'Sのクーラーコア似(EARL'Sかも)のコアをヤフオクで落札して手に入れたもの。キットのコアは購入から3年くらいで割れてしまったのだ。クーラーコアの寸法や取り付け方法が異なるので、そのためのブラケットはそのときに2mmのアルミ板から自作した。

車体の左側にクーラーコアを固定するブラケットは、導風板のように簡単ではない。というのも、車の左右は取り付け穴位置などが必ずしも左右対称ではないため、単にブラケットを左右対称にする、というわけには行かないのだ。

車を見ながら使えるねじ穴を検討し、それを利用するようなブラケットの設計をする、そういう地味で面倒な作業なのである。写真は、そうやって製作したブラケットである。製作したのは2点だが撮影を忘れてしまったので塗装前の一点のみの写真しか残っていない。

Blacket640

これで、クーラーコアを取り付ける準備は整ったのだが、折角なので色々とこだわってみる。

時系列を無視して、完成間際の写真であるが、左フェンダー内にクーラーコアを納めるとこんな感じになる。

Coresouchaku640

このように、クーラーコアは車体のかなり低い位置にマウントされるので、飛び石による破損の可能性がある。もしそうなるとオイルが漏れてしまい、エンジン内のオイル切れ→エンジン故障ということもあるし、オイルの漏れ量によっては、タイヤが自ら撒いたオイルに乗ることで、大事故にもなりかねない。そう考えると、オイルクーラーのコアには何らかのガードをする必要がある。

また、クーラーコアは風が通らないとその効果は期待できない。フェンダーの内側には、樹脂製のインナーフェンダーが付くのだが、それによりクーラーコア周りの風の流れが止められてしまう。そのため、インナーフェンダーには穴を開けて風の流れを止めないようにする必要がある。

まず、ガードであるが、今回は魚を焼くための網を利用した。魚を焼くための網には、焦げ付き防止用にフッ素系のコーティングがしてあるので、洗浄も楽ちんであるはず。って、あまり意味ないか。

Ami1_640

この、網部分だけを利用。

Ami2_640

インプレッサには、ブレーキ冷却用の導風ダクトがあるが、その入り口側の部品を加工する。下の写真は、部品を切り抜いたところ。元はこんな形。

Kakoumae640

これを切り取って、この部分を利用する。

Kiritori640

この部品に、先ほどの網を取り付ける。樹脂の部品は軟質プラスチックで接着しにくい材質であり、一方の焼き魚用の網もまた表面にコーティングがしてあって接着性が悪い。

そこで、樹脂側に数箇所の穴をあけ、そこに細い金属線を通して網と結び付けて固定、そこにホットメルトグルーをコーティングして接着することにした。この方法は意外に強力で、これまでこの固定方法でトラブルを起こしたことはない。

Ishiyoke640

実際に車に取り付けるとこんなイメージになる。

Amifront640

次にインナーフェンダーの加工だ。インナーフェンダーには、空気抜き用の穴を開けるだけだが、問題なのはタイヤが飛ばす石や泥が、インタークーラーのコアを破損する可能性である。そこで、こちら側にもガード用の網をはる必要がある。今回は、植木鉢などの下に敷く園芸用の樹脂製網を利用した。固定方法は焼き魚の網と同様、インナーフェンダーの空気抜き穴周囲にいくつかの穴を開け、その穴と網とを金属線で縛り、周囲をホットメルトグルーで固める、というものである。

Uchibarikakou640

そして最後に、インナーフェンダーを装着すれば完成である。

Uchibarisouchaku640

オイルホースの取り回しは、クーラーコア装着の時に決めておくが、今回はホースの長さを決めるために、何度かの取り外しを行った。結構面倒なのである。

写真に撮るのを忘れたが、オイルクーラーを左側に配置することで、オイルホースの取り回しがよくなり、とくに等長エキマニを装着してもスッキリとしたオイルホースの取り回しができるようになった。また、高温になるエキマニとオイルホースとの距離が離れるので、油温管理の点からも(僅かながら)有利であると言えよう。

参考までに、今回改造したオイルクーラーキット。

アマゾンでも買えるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

国道1号線の思い出

もう随分昔の話になるが、国道1号線を見ながら「この道はどこまで続くのだろう?」と思い、そのままドライブに出かけたことがあった。

当時はネットが今ほど発達していなかったし、そもそも家にパソコンがなかったのだが、それでも国道1号線が東京と大阪を結んでいること位は知っていた。だから、「この道はどこまで行くのだろう?」という疑問は、終着点である大阪を指すのではく、むしろ途中に「どんな景色が待っているのだろう?」、そんなことを考えてながらのドライブだった。

途中、有料バイパスを通らずに街中の渋滞にハマりながら進んだため、静岡県の磐田だか袋井に着く頃にはすでに真っ暗になってしまったので、適当なラーメン屋に入って、ミソラーメンを食べたと記憶している。

このときには、「この道はどこまで続くのだろう?」に対する思いは満たされていた。特に珍しい景色に出会えたわけでもないが、箱根を越え、静岡の山と海のある景色、街中の渋滞、そんな景色を半日ずっと眺めて既に満足していたのだ。

既に満足しているのだから、このまま国道1号線を西に向かうのは意味がない。帰ろう。

そう思ったのはいいが、来た道をそのまま帰るのは楽しくない。そこで違う道を選びたいのだが、そこで選んだのが北上ルート。佐久間ダムを通り、夜の愛知静岡長野県道1号線をひたすら走るという、今にして思えばあまりにも無謀な経路設定だった。

真夜中、天竜川の峡谷を走る県道1号線。そのくねくね道は狭く暗い。そんな道をひたすら走って、明け方ごろにようやく諏訪湖に出ることが出来た。

数年後、昼間に愛知静岡長野県道1号線の同じ区間を走る機会を得たが、真っ暗で見えなかった景色を見てびっくり。こんなに狭い道、しかも道路から川面までの高さがえらいことになってる。こんな道を真夜中に通ったのか、俺。そんな感じだ。

話を戻すと、諏訪湖で仮眠を取り、国道20号線で神奈川に向かう。山梨と神奈川との県境付近まで帰ってくると「ふぅ、着いた」という気になるから不思議だ。そこから家までは、更に1時間走らなければならないのだから。

と、国道1号線を見ていると、このときのドライブのことを思い出す。そう、楽しいドライブだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

スポイラー修理(その2)

前回は、スポイラーの取付金具を固定するところまで書きました。

今回は、外したスポイラーを取り付けるところなのですが、その前に...

私の車は新車登録から13年目と、かなり古く、樹脂パーツの表面のクリア層が部分的にはがれるなど、かなり寂しい状況になっています。以前から「何とかしなきゃなァ」とは思っていたところでもあったので、ここはクリア層の復活、必要に応じて再塗装を行おうと考えました。

といっても、途中の写真を撮り忘れたので、手順のみ書いときます。

  1. クリア層が剥がれかけている部分を#800の耐水ペーパーで完全にはがします
  2. #800の耐水ペーパーで磨いた周囲を#1200の耐水ペーパーで磨きます。これが塗装前の仕上げになるので出来るだけ凹凸をならしておくのが望ましいですが、クリア層の厚みが意外とあるので完全に平らにするのは諦めました。いいんです、どうせ目立たないし。
  3. クリア層が完全にはがれた部分の面積が大きい箇所は上記の磨きで塗装面自体が薄くなってしまったようなので、ボディ色で塗装。
  4. 全体をクリア層で塗装。埃が乗っても最初の2回は気にしない。
  5. 埃が乗った部分を#1200の紙やすりでならしてサイドクリア塗装。
  6. コンパウンドで磨く。

こうしてスポイラーも復活しました。細かく見ると少々凸凹も残ってますがクリア層がはがれているのに比べたら綺麗なモンです。

Spoiler_640

取り付け後のスタッドボルト、ナット。錆がないとこんな感じなんですね。

After_640

ここの部分、雨が降ると水が溜まって錆が進行するみたいなので、せめてナット周辺には水が入らないようコーキング処理をしてみました。このコーキング材には防カビ剤が入っているとのことですので、カビの繁殖も抑えられるでしょう(あんまり意味ないけど)。

Koking_640

あとは蓋をはめるだけなのですが、新品で蓋を取り寄せると

Siro1_640

そう、色が塗ってないんですね。袋から出すとこの通り。

Siro2_640

そこで、スポイラーと同様に色を塗ってあげました。クリア層を作った後はコンパウンドで磨きこんでみると。

Tosouzumi_640

なかなか良く出来ました、我ながら。

で、これをスポイラーにはめ込んで完成です。

Siage_640

さて、これから新緑の季節。どこかに出かけたくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

スポイラー修理(その1)

しばらく更新をサボっていました。

最近、お出かけネタが少ないので、ドライブ以外のネタも書いちゃおうかな、と思っています。

最近の話題は、スポイラーの修理。

実は、スポイラーの取り付けねじを隠すためのカバーがいつの間にかなくなってました。その原因が、カバーを取り付けるための金具が錆びにより朽ちてしまったのです。どういうことをしたらこんなに錆びるんだろう?ってくらいです。

Sabi1_640

錆びによって金具が朽ちているだけでなく、取付け用のナットも錆びで固着してしまっています。CRCのおまじないの後にレンチでナットを回したところ、一瞬でナットの六角をなめえてしまいました、錆び錆びだったから仕方ないね。

こうなると、ナットの更新だけでなくボルト側を破壊しないといけません。ボルト側はスポイラーの取付金具のスタッドボルトですので、取付金具丸ごとの交換ということになります。

そこで、まず部品を調達しましょう。

Parts1_640

最近、ディーラーに行ってもこんな部品ばかり買うヘンな人状態です。「おうっ、新車でレガシィくれよ」って言ってみたいものです(ウソ)。

さびで固着したナットは、ドリルで穴を開けて強引に取るしかありません。

Drill_640

上の写真は、スタッドボルトに穴を開けている途中の写真。これでスタッドボルトを完全に削ってしまえば ナットが取れるというすんぽう。もうガンガン穴あけるよ。

Bolt_640

強引に外したナット。当然もうナットとしては使えません。

Kanagu1_640

ドリルでスタッドボルトを破壊し、スポイラーを取り外すことで顕になった取付金具。次はこれを外すのだが、これが両面テープの他にブチルゴムでガラスに引っ付けてあってとても剥がせそうにない。

釣り糸を使って少しずつ両面テープ&ブチルゴムを切断しながらやっとのことで金具を外しました。

Kanagu2_640

取り付けは、ブチルゴムの代わりにコーキング材。接着力は大丈夫だろうか?疑問を抱えつつ、装着終了。

Kanagu3_640

その一方で、取り外されたスポイラーは再塗装されていた。塗装面のクリア層がはがれてきたので、クリアーを吹きつけたかったのだ。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »