« 頭文字D的聖地巡礼 | トップページ | 国道490号線動画 第2章 »

2009年12月11日 (金)

等長エキマニ

私の車はエンジン周りは基本ノーマルだが、エキマニだけは社外品の等長エキマニに交換している。

以前乗っていたインプはマキシムワークスのエキマニを入れていたが、今の車はネットで評判の良いBAKUスペシャルエンジニアリングのエキマニ(以下「麦マニ」)を入れた。

Bakumani1

熱膨張吸収パーツがついていたり、磨きこまれた管楽器かと思うくらい綺麗に仕上げられたマキシムのエキマニと比較するといかにも手作り感溢れる麦マニ。配管の曲率が大きめなので排気の効率はいいんだろうと思う。また、マキシムのエキマニが4-2-1(4本のパイプが2本ずつ合流して、更に1本に合流するスタイル)なのに対し、麦マニは4-1(4本が同時に合流するスタイル)という違いもある。

社外品のエキマニは普通SUS304(ステンレスの一つ)を材料として使っているが、SUS304は熱ひずみなどで割れることもあるという欠点がある。そのため、マキシムのエキマニには熱膨張による変形を吸収する構造となっている。ところが麦マニはSUS409というステンレスを使うことで、熱ひずみによる割れが起こりにくいという特徴がある。そのため、熱膨張を吸収する構造がなく、全体としてシンプルな形状となっている。

エキマニを入れる効果は、パワーアップや低回転領域でのピックアップを良くする等言われているが、私が等長エキマニを入れるのは、ボボボボボボという排気音いわゆるスバルサウンドを消すためと、エキマニを純正の鋳鉄からステンレス製に換えることによるフロント周りの軽量化という目的が強い。

送られてきた麦マニは、管内の取り付けフランジ近くに段差があったので、リューターで削って排気が綺麗に流れるようにしてみた。実際の効果がどのくらいあるのかは不明だが、見つけたからにはやっておかなければ気持ちが悪いのだから仕方がない。

|

« 頭文字D的聖地巡礼 | トップページ | 国道490号線動画 第2章 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 等長エキマニ:

« 頭文字D的聖地巡礼 | トップページ | 国道490号線動画 第2章 »