« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

2009年12月16日 (水)

上都

たまには、旅行した話でも車の話でもない話。

抜群の武勲だけでなく芸術や学問、自然を愛好したことでも知られる皇帝クーブラ=カーン(クビライ=カーン)は当時、世界の半分を治めていた。上都はその帝国の副都である。皇帝は首都である大都(今の北京)で冬をすごし、夏になると北方の上都にて執政を行ったといわれている。
 
クーブラ=カーンが最初にかの地を訪れた時、その風光の素晴らしさに大いに心打たれ、アレフ河が氷の洞穴へと流れ込むかの地に都を造ることを決意した。そして、自分自身のための豪壮な歓楽宮の建設を命じた。その歓楽宮は、アレフ河の怒涛逆巻く激流の上に、太陽に照らされた歓楽宮の影が落ち、峡谷や氷の洞穴をデザインの一部に取り入れるなど類稀な趣向を凝らしたものであったという。更に、クーブラ=カーンは16km四方の森を防壁や塔で囲い、その内側を芳香漂う花が咲く美しい庭園となしたが一部に手つかずの自然を残しておき、そこでの狩りを楽しんだ。
 
歓楽宮の人工庭園は地上のみならず氷の洞穴を通じて地下にまで広がっていた。そこは、所々に曲がりくねった小川が流れ、世界中から集められた見事な貴金属の彫刻や宝石の光が水面で反射して地下空間にあっても真昼のようであったと伝えられている。
 
欧州よりかの地に立ち寄った探検家マルコ=ポーロは、クーブラ=カーンに招かれてこの歓楽宮を訪れた。彼は、クーブラ=カーンの偉大さと歓楽宮の壮麗さに驚き、著作「東方見聞録」の中で上都を黄金の国ジパングとともに理想郷として記している。
 
彼がその著作の中でクーブラ=カーンとその歓楽宮を欧州に紹介することによって、欧州人たちは遙か東方の異国への憧れを抱いたことは疑いようがない。英国の詩人S.T.コウルリッジは、東方の大帝国の偉大なる皇帝と彼の歓楽宮を詩におさめた。その中で彼は、クーブラ=カーンの歓楽宮を「Xanado」と呼び「たぐい稀な趣向の奇跡」と讃えている。
 
クーブラ=カーンがかの地に歓楽宮の造営を決意した理由はもう一つあるといわれている。それは、かの地が混沌(カオス)の世界から天上界への力の流れが、我々の住むこの世界を貫く唯一の地点であることを占術師によって知ったからである、というのである。彼が世界の半分を手に入れたのはその力を使ったからだ、と。そして、その力の流れの秘密は、歓楽宮の地上部ではなく地下歓楽宮にあるのではないかといわれている。

しかしながら、現在となってはそれを知ることは出来ない。なぜならクーブラ=カーンの帝国も永遠ではありえず、彼の死とともに求心力を失った帝国は分裂し滅びた。その際にかの地では暴動が起こり歓楽宮の地上部は廃墟同然になり、地下歓楽宮への全ての入り口が失われてしまったからである。

数百年後、かの地一帯は東方の島国の勢力下となる。この島国は,かつてクーブラ=カーンの軍隊を持ってしても屈服させることの出来なかった国「ジパング」であり、彼らはクーブラ=カーンの力の秘密を解明し利用しようと考えていたのである。
しかし、彼らの調査隊の努力にもかかわらず地下歓楽宮の入り口を発見することは出来なかったといわれている。

現在、クーブラ=カーンの築いた歓楽宮の存在した辺りは、中華人民共和国の内モンゴル自治区に属しておりドロンノールと呼ばれている。今でもかの地を訪れる者の耳には偉大なる先祖の声が聞こえるのかもしれない。そして、地下には失われた地下歓楽宮が眠っている。

参考動画

こういう話題もたまにはやってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

エキマニの取り付け

先日紹介したBAKUスペシャルエンジニアリングのエキマニ(通称「麦マニ」)の取り付け紹介です。

こういうのはプロに頼んでしまうのが楽でいいんですが、ある程度以上自分の望む形に、となると自分でやるしかありません。私がこだわりたかったのは以下の点

  1. 耐熱布を巻くこと。
  2. エキマニに雨がかからないよう、屋根兼遮熱板をとりつけること
  3. 純正の樹脂アンダーカバーを取り付けられるようにすること

1.は自分でやらずとも頼めばやってくれる人がいるかもしれませんが、やっぱり自分の好きなスタイルで巻こうと思ったら自分でやるのが一番。面倒くさいけど。2.は、耐熱布の性質とも絡むんですが、耐熱布は濡れたり乾いたりの繰り返しによってボロボロになるのを防ぐための処置です。また、遮熱板としての役割も期待できるので熱害を防ぐこともできるはずです。3.は熱害の影響の一つで、純正の樹脂製アンダーカバーが溶けてしまうため「装着不可」となっているんですね。でもアンダーカバーは欲しいのでどうにかしてしまおう、というわけです。

こういう2.とか3.のような注文ってなかなか出来ないんですよね。で、しょうがないので自分でやっちゃおうと。

Torituke640

1.と2.はこんな感じでクリアしました。遮熱板はアルミ板を曲げて加工、取付金具はホームセンターで購入したステンレス金具をロウ付けでくっつけてこんな感じで。1000℃以上になるといわれているエキマニの近くにロウ付け金具って大丈夫かよって気もしましたが、エキマニに直に触れるわけでもないのでとりあえず使ってみることに。

Kanagu640

アンダーカバーは、エキマニ側にアルミテープを貼って熱を反射するようにし、それでもエキマニと近すぎる部分は切り取ってアルミ板を当てなおしてみました。

Cover640

熱の問題があると困るところには、サーモラベルという温度によって変色するシールを貼っておき、その部分が最高何度になるのかをチェックできるようにしておきました。

装着から2年近く経ちますが、上の写真のアルミ部分でも最高100℃には達しないくらいで致命的な熱害もなく今に至っています。とはいえ、想定した以上にエキマニからの熱が激しくて、樹脂カバーが部分的に溶けたところもあるんですけどね。機能的に問題がないからそのままにしてますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

国道490号線動画 第2章

国道490号線の動画の第2章を投稿しました。

今回は、終点までの10数キロにおよぶ酷道区間を収録しました。それにしても、なぜこのようなルーティングになっているのか理解に苦しみますね>国道490号線。

国道490号線のシリーズは、BGMをアニメ「スクライド」から拝借しています。たまにはいろんな音楽をつまみ食いするのではなく、選曲にしばりを入れてみるのも楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

等長エキマニ

私の車はエンジン周りは基本ノーマルだが、エキマニだけは社外品の等長エキマニに交換している。

以前乗っていたインプはマキシムワークスのエキマニを入れていたが、今の車はネットで評判の良いBAKUスペシャルエンジニアリングのエキマニ(以下「麦マニ」)を入れた。

Bakumani1

熱膨張吸収パーツがついていたり、磨きこまれた管楽器かと思うくらい綺麗に仕上げられたマキシムのエキマニと比較するといかにも手作り感溢れる麦マニ。配管の曲率が大きめなので排気の効率はいいんだろうと思う。また、マキシムのエキマニが4-2-1(4本のパイプが2本ずつ合流して、更に1本に合流するスタイル)なのに対し、麦マニは4-1(4本が同時に合流するスタイル)という違いもある。

社外品のエキマニは普通SUS304(ステンレスの一つ)を材料として使っているが、SUS304は熱ひずみなどで割れることもあるという欠点がある。そのため、マキシムのエキマニには熱膨張による変形を吸収する構造となっている。ところが麦マニはSUS409というステンレスを使うことで、熱ひずみによる割れが起こりにくいという特徴がある。そのため、熱膨張を吸収する構造がなく、全体としてシンプルな形状となっている。

エキマニを入れる効果は、パワーアップや低回転領域でのピックアップを良くする等言われているが、私が等長エキマニを入れるのは、ボボボボボボという排気音いわゆるスバルサウンドを消すためと、エキマニを純正の鋳鉄からステンレス製に換えることによるフロント周りの軽量化という目的が強い。

送られてきた麦マニは、管内の取り付けフランジ近くに段差があったので、リューターで削って排気が綺麗に流れるようにしてみた。実際の効果がどのくらいあるのかは不明だが、見つけたからにはやっておかなければ気持ちが悪いのだから仕方がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

頭文字D的聖地巡礼

たまには他の人の動画を紹介しようかと思う。

「頭文字D」にちなんだ車載動画は沢山ありますが、車をそろえて「頭文字D」の世界を表現しようとした動画はこれが始めてだと思います。つかアホだ(勿論いい意味で)

しっかしよく車揃えたよなぁ。というか、そういう車を持っている人が近くにいたもんだ。

面白いなぁ、シリーズ化してやってくれること希望。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四国の国道

少し前の話になりますが、9月のシルバーウィークに四国に行ってきました。キャンプのオフ会があるからなのですが、そのときに四国にある国道をつまみ食いしてきました。

高速1000円を利用して、東名、名神、神戸淡路鳴門自動車道で四国入りしました。休日は京都-神戸間が混むのが分かっていたのでその区間を夜間に通り過ぎる予定が睡魔に負けて桂川PAで仮眠をとったのが運のつき、すっかり渋滞にはまってしまいました。それでも朝の9時頃には四国に入りましたが、その後高松道が対面通行でやたらと渋滞、高速1000円の効果を味わう結果となりました。それでも愛媛道に入ってからはスムーズに走れ川内で一般道の降りるまでは渋滞知らずでした。

さて、ここからが四国の国道を満喫。目的地高知まではひたすら南下するだけなんですが、集合時刻まで比較的時間があったので広い(けど遠回りな)2桁国道を使わず、山間部を走る3桁国道をはしごして目的地に向かいます。

最初の国道は国道494号線。峠越えのルートで一部に酷区間を抱える酷道です。川内から登っていく道は改良工事が終わったばかりの快走ワインディングロードですが、峠が近くなると突如道幅が狭くなり嬉しい酷道タイムがやってきます。黒森峠を過ぎると人里に降りてきますが、山の斜面に石垣を作って暮らしている集落の景色は独特、四国に来たことを実感します。

R494

さらに、久万高原町まで降りてきて問題発覚。意外と集合時刻までの時間が予想以上に少ないことに気づいたのです。最低でもあと1回の峠越えを行い、その後3大酷道のひとつに数えられる国道439号線(通称「ヨサク」)を走らなければなりません。

そこで、酷道を楽しむルーティングから距離優先のルーティングに変更(それでも酷道三昧になる)することにしました。愛媛県道12号線、212号線を通って国道33号線に出て、その後国道440号線を使って峠越えして、その後高知県道26号線でショートカットしてから国道439号線を走ることに。

国道33号線までは渋滞も走りにくいところもなく快調でしたが、国道440号線で涙目。酷道なのはともかく、普通に使われている道のようで対向車がやたらと多いのです、しかも登り区間。まさか酷道で渋滞に遭うとは思いもよりませんでした、とんだ時間ロス、は~ぁ。

後で知ったのですが、国道440号線のこの区間は四国カルストへの通り道で、休日を使ってカルストを訪れた人たちが帰る時刻にぶつかってしまったというわけです。

幸い、峠でカルストへの道を過ぎてからは対向車も、道が狭いながらも渋滞にはまることもなく、更に途中から快走路になったこともあって梼原町までは何事もなく走ることができましたが、このときはすでに日がかなり落ちていました。

この日は、自分たちでそれぞれテントを張って宿泊するキャンプオフ。このオフのためにテントを買ったのはいいのですが、テントを張る練習は1度だけ、しかも明るいときにやったので、日没後にテント設営というシチュエーションはなんとしても避けたかったのです。ここからは相当急がなければなりません。

ところが、梼原から国道439号へのショートカットとなる高知県道26号線がなかなかの曲者で、道が狭い険道であるだけでなくバスが走っていてなかなかペースを上げられません。県道から国道439号線に出る頃には、かなり暗くなってきています。

ここまで来たらもうあれこれ言っていられません、ただひたすら前進するのみです。(下の写真は翌日に撮影したものです)

R439

三大酷道のヨサクとはいえ、全部が全部酷道区間というわけではありませんし、幸いなことに酷区間といっても割と見通しのいい区間が多かったのでそれなりのペースを維持できました、が、結局集合場所であるキャンプ場についた頃には真っ暗になってしまい、あれほど避けたいと思っていた暗闇でのテント設営をするハメになってしまいました。

でもキャンプはとても楽しめました。星もとてもキレイで肉眼でも天の川が見えましたし、持参した双眼鏡でアンドロメダ大星雲やオリオン大星雲を見ることもできました。

それから、キャンプの中で完全に横になって寝ると疲れが取れますね。歳のせいか車中泊だと腰が痛くなったりで今では一泊が限度ですが、テントで寝ると次の日には体力が回復しています。これは思わぬ発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

ドライブと睡魔

ドライブをしていて一番困るのは、眠くなることである。仮眠を取りたくても道路上で車を止める場所はないし、コンビニまで、高速道路上であればPAまで、あと少しだけ眠気を抑えてくれれば、と思うことは少なくない。

そこで、私はトメルミンという無水カフェインの錠剤を車に常備している。

これは服用に水が要らず、そのまま口の中に入れればいいのでドライブ中に使うには便利なもの。シチュエーションとしては「あと20分でいいから、眠気を軽減させて欲しい」という場合の他、「今日は深夜にわたってドライブするので眠気を予防したい」という場合などにも使える。効果は体質や薬への慣れなどによってまちまちだが、私の経験では既に発生した眠気を抑える場合はおよそ20分くらい、予防的に使用する場合は2~3時間くらいは効果がある。

折角なので商品リンクも貼っておくので、興味のある方はどうぞ。

私がニコニコ動画などに投稿している動画でも、この商品についてCMらしき紹介をしているので、もしよろしければそちらもどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »