« 国道488号線 第2章 | トップページ | 国道488号線動画第4章 »

2009年4月15日 (水)

国道488号線 第3章

国道488号線の動画、第3章です。

第2章に引き続き酷道区間をひたすら走って島根-広島県境にたどり着きます。距離的には大したことないんですが、再生速度が高くない分時間はたっぷりかかってます。

島根県の匹見町は過疎の代名詞といえる過疎地帯で、この酷道区間沿いの広見という集落は昭和38年の豪雪(通称三八豪雪)以降離村する人が大勢出て、結局廃村になってしまいました。もともと林業が盛んで、匹見から益田にかけて30kmに及ぶ運搬用のロープウェイがあったほどなのですが、高度経済成長期で燃料が木炭から石油などに代わり、材木の需要も減ったことから林業が打撃を受け、出稼ぎなど人の流出は三八豪雪以前に既にはじまっていたようです。今回、匹見について調べてみましたが、厳しさを感じずにはいられません。

|

« 国道488号線 第2章 | トップページ | 国道488号線動画第4章 »

車載動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道488号線 第3章:

« 国道488号線 第2章 | トップページ | 国道488号線動画第4章 »