« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

氷上走行会の動画

氷上走行会の様子を動画にしてみました

本来、こういうところで走るのは練習のためであり、動画を撮影するのはドラテク研究のためであることが多いので、カメラは外の景色だけでなくドライバーの操作が見えるアングルが望ましいのですが、いつもの車窓撮影と同じように撮影しました。

そのため、等速再生で見せる意味もないし、定常円旋回なのにパイロンが全然見えないソース動画など雰囲気を伝えることすら難しいものも多かったので、倍速再生とカットを多用し適当に短くしてしまいました。

氷上走行会は、ヘルメットの着用も義務づけられないなので、結構私なんかも好き放題して、車内ではBGMかけっぱなしです。ただ、手袋はしないと手の皮がむける可能性が高いので着用することにしました。去年参加した時は手に豆ができてそれがつぶれて後半大変だったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

氷上走行会に行ってきました

こないだ、女神湖で開催されている氷上走行会に参加してきました。

Soukoukai1

氷上走行というのは、文字通り氷の上で車を走らせることで、凍った湖の上などで開催されるものです。勿論季節限定で、今年の女神湖のケースですと2月の23日あたりまでが最終となります。また、各種の気象条件で開催自体がキャンセルになることも多く、なかなか予定を合わせて参加するのが難しいイベントでもあります。

が、参加してみるとこれがいい練習になります。なんといっても、スタッドレスタイヤを履いていても氷の上は殆どグリップしません。コースイン直後は氷の表面に雪が残っているので、かなりグリップするのですが、しばらくすると走行車両によってコース上の雪はすべてコース外にかき出され、氷の表面はツルツルに磨かれるので、車の挙動は慣性の法則が支配的となります。つまり、何をやっても車は加速しないし曲がらないし止まらない、アクセルを踏んでもタイヤが空回りするばかりでなかなか加速しないし、ハンドルを切っても車はゆぅぅぅーっくりとしか曲がりません、ブレーキを踏んでも車は止まらないんですね。

これが、ちょうど高速走行中の車の挙動と同じ(ただし現象はゆっくり)なので、車の挙動を安全に学ぶことができるという場になっているわけです。しかも楽しい。

Soukoukai2

この日は遠慮なくすべりまくって来ましたよ。氷上走行は大人のウィンタースポーツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

酷道418号線動画 第4章

国道418号線、最峡区間の動画第4章ができました。本シリーズは今回で最後で、二股ダムから県道353号線交差点までを等速で送ります。

それと、第3章と第4章をzoomeにも投稿しました。

第3章

http://zoome.jp/sitamichi3n/diary/42/

第4章

http://zoome.jp/sitamichi3n/diary/43/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

酷道418号線動画 第3章

ちょっと間が空いてしまいましたが、酷道418号線の動画第3章です。

ニコニコ動画で、丸山ダムから笠置ダム方面に向う動画はいくつかありますが、逆方向はほとんどなかったので、等速再生で臨場感を味わっていただくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

国道418号線動画 第2章

国道418号線の酷区間動画第2章を投稿しました。

動画編集途中、レンダリングで編集ソフト(Premiere Elements4)が落ちまくるため投稿が反日遅れてしまいました。どうやら編集ソフトとhuffyuv形式の動画ファイルとの相性がよくないことが原因だったようですが、こういうのってこっちのブログに書いといた方がいいのかな。覚書としてはてなの方に書いておいた(ちょろっと書き込みをするにははてなの方が便利)。

今回久しぶりにCMを復活させてみました。画面右端のアレはわざとです。

2009.2.4追記

zoomeにも投稿しました

http://zoome.jp/sitamichi3n/diary/41/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道418号線 第1章をzoomeにも投稿しました

超酷道とも呼ばれる国道418号線の動画第1章をzoomeにも投稿しました。

http://zoome.jp/sitamichi3n/diary/40/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »