« 国道352号線(中編) | トップページ | 国道352号線の動画(1) »

2008年8月18日 (月)

国道352号線(後編)

最近更新が滞ってますが、久しぶりに更新。

前回までの話: 国道352号線(中編)

国道121号線、国道400号線との3連重複区間は、国道400号線が脱落することで終了。国道121号線との重複のみになってしばらく進むと五十里湖が姿を見せる。

これは五十里ダムによる人造湖である。

1_5

ダム湖の水は深い緑色で独特な雰囲気。

2_7

ダムはこんな感じ。 

5

覗き込むように撮影するとちょっと怖い。

4_2

五十里ダムを更に南下すると川治、鬼怒川と温泉地を通過する。

鬼怒川を通過してしばらくすると山間の快走路が終わり今市に近づくにしたがって車の量も増える。ほんの少しだが国道119号と重複し、すぐに分かれるのだがその分かれ道が一方通行で進入不可能。仕方なく数百m迂回するハメになった。

再合流後は杉並木が続くいかにも日光を連想させる道が続く。

鹿沼で国道293号と合流し、国道121号と293号との3重重複となるが、まもなく国道121号が離脱する。東北道と交差する少し手前で国道293号とも分かれ、久しぶりの単独区間。実は栃木県に入ってからここまでずっと重複区間であった。

その後、とりたててコメントすることもないような田舎国道が続き、新4号バイパスと合流するポイントでゴールイン。

海あり山あり湖ありのバラエティに富んだ国道であった。

|

« 国道352号線(中編) | トップページ | 国道352号線の動画(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道352号線(後編):

« 国道352号線(中編) | トップページ | 国道352号線の動画(1) »