« 高根城跡 [静岡] | トップページ | 江竜田の滝 [福島] »

2008年3月 4日 (火)

日本のチロル [長野]

長野県に「日本のチロル」と呼ばれる秘境が存在する。

秘境と言っても国道152号線から細い道をクネクネと車で20分くらい行けば着くくらいだから大したことはない、プチ秘境とでも言い直したほうがいいかもしれない。が、山の急斜面にへばりつくような集落の景色は日本の景色とは思えないまさに秘境である。

場所は長野県上村の下栗地区。

http://maps.google.com/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.373725,137.980471&spn=0.021311,0.033731&z=15

下栗地区は道が非常に狭く、また急坂が多いので走行にはそれなりに注意が必要である。

ここは大きく3つの集落に分かれており、一番国道に近い集落は最も大きい。ここには観光客向けの施設があり、ここではみやげ物を買ったり食事をとることができる。また、駐車場もあるので(逆に言えば、ここ以外の集落には駐車場がない)、車を停めて近くを散策することもできる。

Chiroru1_640

Chiroru7_640

Chiroru8_640

下栗の里を「日本のチロル」と名付けたという碑があった。口コミで誰ともなくそう呼び始めたわけではないのか。

Chiroru2_640

また、ここには体験生活のための施設もある。

Chiroru9_640

この集落よりも奥にある2つの集落は、観光地化されておらず、ここで暮らしている人の家しかない。ビューポイントに指定されているところからは、最初に紹介した集落を眺めることができる。ただ、ビューポイントも車を停めるスペースがほとんどなく、道幅も狭いので長居はできない。

ビューポイントから見た最初の集落。急な斜面に集落が形成されている様子がよく分かる。

Chiroru3_640

Chiroru4_640

この第二の集落まで来るとUターンができないが、第三の集落との間に分岐があり、そこから最初の集落に戻ることができる。また、第三の集落から更に奥に行くと段々道のコンディションが悪くなるが、最後の行き止まりまで行くとUターンできる程度のスペースがあるので、延々とバックで戻る必要はない。

また、最初の集落の駐車場からしらびそ高原方面に抜ける道があり、昔落ちたクレーター跡と言われる御池山隕石クレーターを通る。これもおすすめの道である。

|

« 高根城跡 [静岡] | トップページ | 江竜田の滝 [福島] »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のチロル [長野]:

« 高根城跡 [静岡] | トップページ | 江竜田の滝 [福島] »